編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ヘリコプターの安全飛行に必要なシステム基盤を導入--エアバス・ヘリコプターズ

NO BUDGET

2016-05-12 11:06

 Airbus Group傘下のAirbus Helicoptersは、新型統合化アビオニクス(IMA:Integrated Modular Avionics)システム「ヘリオニクス」に、Wind Riverの基盤「Wind River VxWorks 653」を採用している。ヘリオニクスは認証を取得したエアバス・ヘリコプターズの民間用ヘリコプター「H175」や「H145」に装備されており、パイロット支援機能と直感的なヒューマンマシンインタフェース(HMI)を提供する。ヘリコプター運用効率を高め、IMA手法により性能と安全性を実現するという。


 VxWorks 653はIMAアプリケーションを実現するためのCOTS(Commercial Off-The-Shelf:商用オフザシェルフ。アビオニクスなどに既製品のソフトウェアやハードウェアを採用すること)基盤。

 この基盤は世界の有人/無人機の商用、宇宙用途の幅広いプロジェクトで主要技術として採用され、200を超える航空会社の75機種以上で、350件以上のプロジェクトで利用されているとのこと。AirbusやBoeingの軍用機/民間航空機である「Airbus A400M」「Boeing 787」も採用している。

TechRepublic Japan関連記事

 ヘリオニクスでは多機能ディスプレイ、フライト管理、コントロールシステム、オートパイロットでVxWorks 653を活用している。リソース管理やパーティショニング機能により、安全度の異なる複数の個別アプリケーションを、1つの基盤上で実行できるという。

 Airbus Helicoptersのヘリオニクスプログラム責任者、Christian Frano氏は次のようにコメントしている。

 「ヘリコプターの次世代アビオニクスの開発を検討する中で、この分野で実績を持つWind Riverに着目した。Wind Riverの安全技術は他のIMAシステムで検証済みだった。また、システム設計から認証取得プロセスまでの専門性もあるため、開発サイクルが円滑になった」



ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]