セールスフォース、AWS上にIoTクラウドを構築へ

Stephanie Condon (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-05-12 10:57

 Salesforce.comは「Amazon Web Services(AWS)」上にIoTクラウドを構築する計画だという。The Wall Street Journal(WSJ)が報じた。

 Salesforce.comは2015年9月にこの新たなクラウドサービスを発表した。同社は通常、自社のインフラを利用している。しかし同社のIoTクラウド担当エグゼクティブバイスプレジデントAdam Bosworth氏がWSJに語ったところによると、Amazonのパブリッククラウドを利用することで、新サービスにおける「制御できないような、指数関数的成長」にも対応できる柔軟性を手に入れられるという。

 Bosworth氏は「今回の決断を下したのは、急速な成長があったためだ」「計画を実現するためには、1つまたは2つ以上のパブリッククラウドという安全弁が必要だった」と述べている。

 IoTクラウドは現在、同社の少数の顧客によるテストが進行中であり、サービスの開始は2016年後半になる見込みだ。これはBosworth氏によると、任意のパブリッククラウド上で、あるいはSalesforce.comのデータセンター内でも稼働するよう設計されているという。

 同社によるAWSの利用は、クラウドインフラを多様化させるためには、競合企業のクラウドを採用することも辞さないというトレンドに沿うものだ。Salesforce.comは自社のクラウドインフラを増強し続けており、米国時間5月10日には「Salesforce Marketing Cloud」を「Lightning Experience」で刷新した「Marketing Cloud Lightning」のリリースを発表している。

 なお同日、データベース障害によって、一部の顧客が同社のサービスにアクセスできない状況が発生していた

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]