編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

MSのコラボレーションサービス「GigJam」、招待登録で早期テスト利用可能に

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-05-13 14:06

 Microsoftは米国時間5月12日、「GigJam」プレビュー版の提供を拡大し、プライベートプレビューテスターグループ以外の人にも提供すると発表した。GigJamのテスト利用に興味がある人は、未登録であればGigJamのサイトから登録すれば、早期アクセスを利用できるようになる。

 Invitation Previewは現在、「Windows」と「Mac OS X」で利用できる。「iOS」版は「まもなく」利用できるようになるという。招待を受け取ったら、GigJamクライアントアプリとユーザーガイドをダウンロードして新しいアプリ/サービスを試すことができる。

 GigJamは、ユーザーがどのデバイスでも作業ができるものとなっている。GigJamは2015年の「Worldwide Partner Conference」で発表されたが、Microsoft社内の開発チームは数年前から同アプリ/サービスを開発している。

 GigJamはタスクを別々のステップのセットと情報のセットに細分化する。特定のタスクに関係する人は(オンラインかオフラインで)やりとりし、内部の事業やSaaSアプリから情報を得て関連するプロセスを把握できる。これにより、タスクをより迅速に完了することを目指す。

 GigJamはインスタントメッセージや画面共有、文書コラボレーション/共有の機能を提供する新しいアプリケーションやサービスではない。Microsoftのアンビエントコンピューティングの取り組みを形にしたものだと同社は説明している。

 GigJamは、最新のAzureサービスと主要なOS向けの軽量のクライアントで構成される。標準の「REST」APIを利用して、基幹業務(LOB)アプリケーションやSaaS、コミュニケーションサービスなどとやりとりできる。これ以外の連携技術は必要ないという。

 GigJamを使って達成できるタスクとして、転送したり端末を手渡すことなく電子メールを共有したり、業務契約について機密情報や重要ではない情報を編集して営業部門の人と共有することなどが考えられるという。Microsoftは、GigJamの使い方をYouTubeで公開している。

MicrosoftがGigJamプレビュー版の提供を拡大
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]