編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
Oracle Industry Connect

長寿化で3.5世代が共存する時代のクラウド--Oracleマーク・ハードCEO - (page 2)

末岡洋子

2016-05-17 07:30

 対顧客と対従業員でこのような人口動向があり、ITは対応を迫られている。消費者では「消費者のうち68%がチャネルに関係なく統合されたシームレスな体験を求めており、90%がリアルタイムの製品在庫情報はショッピングの選択に影響する」と回答している。

 だが、「1%しか良い体験への期待が満たされない」とHurd氏。従業員も同じだ。モバイルでの作業、使いやすいUIなどを求めている。さらには、これを提供することで期待を満たすだけではなく、作業効率が上がるのだから投資しない理由はない。

 ここでハードルになるのがシステムだ。企業の基幹業務を支えるアプリケーションの多くは20年以上前に構築されたものだ。モバイルもソーシャルもなければ、検索もなかった時代。インターネットは一部に限られていた。

 そのような時代に向けて作られたアプリケーションを、2016年にも使っていることは大きな障害になっているとHurd氏はいう。「多くの業界で古いIT機器が使われており、企業のIT予算の82-83%はメンテナンスに当てられている」。

 使い勝手や機能、パフォーマンスだけが問題ではない。古いシステムはシステムダウンを頻繁に招いている。Hurd氏によると「95%のネットワークが不正アクセスを経験しており、攻撃を受けても3分の2が気がつかない」。

 企業のセキュリティへの投資は年10%増加しているが、維持のためのコストを計画的なシステム変革に当ててはどうか、というのがOracleの提案だ。

 「システムを止めるわけにはいかないが、古いシステムでのビジネス運用はますます厳しくなっている」とHurd氏。

 これを解決するのがクラウドである。ERPではイノベーションの速度を加速する屋台骨としての機能が盛り込まれており、人事のHCMでもソーシャル、モバイル、分析などの機能が加わっている。

 ERP、HCM、CRMなど業界固有ではない業務アプリケーションではクラウドへの移行が少しずつ始まっている。Hurd氏によると企業の50%が複数のERPを利用しているというが、オンプレミスのアップグレード、海外展開などをきっかけにクラウドに移行するという話も多いという。

 クラウドのメリットは上述の経済、ビジネス、人口動態の問題を解決でき、シンプルさが手に入ることだ。Hurd氏は「10年後にはERPやHCMの80%がクラウドに移行する」と予言。

 現在30%がクラウドを利用している開発とテストについては、2025年には100%がクラウドベースになると述べる。「Java、Oracleデータベースを使って開発してテストする――これができるようになる。これはOracleだけだ」とHurd氏。

 Oracleはデータ(DaaS)、インフラ(IaaS)、プラットフォーム(PaaS)、アプリケーション(SaaS)と完全なクラウドポートフォリオを持ち、「堅牢な環境を維持しながら全体の機能をモダンなクラウドに移すことができる」という。

 さらには、クラウドとオンプレミスで同じ機能を提供しており、PaaSを利用して、機能をクラウドに乗せたり戻したりといったことも可能。Oracleのクラウドのもう1つの特徴として訴求するのがセキュリティだ。「パッチ管理、暗号化など強固なセキュリティ対策を講じている」と胸を張った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]