Salesforce Connections

GM Onstarの車載個別マーケティング環境--SFDC事例

末岡洋子

2016-05-17 07:15

 米Salesforce.comが5月10日から3日間、米アトランタで開催した年次デジタルマーケティングイベント「Salesforce Connections 2016」。2日目の基調講演は、プロダクトキーノートとして、Salesforce.comでMarketing Cloud担当最高製品責任者を務めるBryan Wade氏が登壇し、製品の最新情報と顧客のデジタルマーケティング事例を紹介した。

 「Marketing Cloud」は、顧客が「カスタマージャーニー」を構築できる「Journey Builder」を中核に、チャネルアプリマーケター向けに、電子メールキャンペーンの「Email Studio」、モバイル向けの「Mobile Studio」、ソーシャルで何が起こっているのかを分析できる「Social Studio」、データを利用した広告を可能にする「Advertising Studio」、パーソナライズウェブ体験とウェブ上の行動を把握できる「Web Studio」を含む。さまざまなチャネルをまたいだカスタマージャーニーを構築できる。

ドラッグ&ドロップでカスタマージャーニーを構築できるJourney Builder。Dunkin’ Donutsのオファーの構築画面
ドラッグ&ドロップでカスタマージャーニーを構築できるJourney Builder。Dunkin’ Donutsのオファーの構築画面

 これらのチャネルを縦断的にサポートするものとして、データのモデリング「Audience Builder」、データサイエンスとアルゴリズムでパーソナライズを実現する「Personalization Builder」、クロスチャネルのCMS「Content Builder」、キャンペーンのレポートから洞察を得られる「Analytics Builder」といった機能を用意している。

 会期中、Journey BuilderがSalesforce.comのUIとプラットフォーム技術「Lightning」を統合すると発表。「Service Cloud」「Sales Cloud」などSalesforce.comのほかのクラウドと連携しやすくなった。例えばサービス担当とのやりとりをトリガーにするといったことが可能になり、「包括的なCRMが実現する」とWade氏は言う。

Marketing CloudはJourney Builderを中核とする
Marketing CloudはJourney Builderを中核とする

 Wade氏は会場のマーケティング担当者に向かって「われわれは顧客の声を聞いている」と述べ、この1年で顧客からのリクエストにより1000以上の新機能を加えたと発表した。中には、送信後にメールのリンクを編集できる機能、セルフサービス形式でのヘッダとフッタの管理、Pinterest/Instagram/YouTubeなどソーシャルとの連携強化などがある。

 そして新サービスとして、Marketing Cloudで動かしているオートメーション、リスト、データ拡張などをJourney Builderに統合できる「Journey Builder Audiences」、チーム全体が顧客の活動やキャンペーンの動向などを一元的に把握できる「Command Center」、簡単なウィザードで予測技術を使ったパーソナライズを構築できる「Personalization Builder」の3つを発表した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]