編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」
日本株展望

決算まとめ--今期は輸出企業と金融業の減益幅が大きい - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2016-05-17 10:27

金融業が大幅減益予想となっている理由

(出所:三菱UFJとみずほは楽天証券経済研究所の推定、他は会社予想)
(出所:三菱UFJとみずほは楽天証券経済研究所の推定、他は会社予想)

 金融業は、例年、期初は、減益で予想を出すことが多くなっている。例年、株式や債券の売却益が、経常利益を押し上げているが、期初の予想では、株式や債券の売却益を見込まないことが多いからだ。

 今年は、それに加えて、マイナス金利の影響も、金融業の業績の足を引っ張る。かんぽ生命とゆうちょ銀行は、これまで収益の大半を国債運用益に依存してきたので、長期国債の利回りがマイナスになった影響を受けて、減益が続く見通しとなっている。

 ただし、期の途中で、金融業の利益は上方修正されていくと見込まれる。今年も、株や債券の売却益が出ると考えられるからだ。

 長期国債の利回りがマイナスになった影響で、金融各社は保有する国内債券に大きな含み益が生じている。日銀の買い取りに対応して、債券を売却すれば、売却益がかなり出る。

 ゆうちょ銀行では、3月末時点で、保有する有価証券に4兆1864億円の評価益(税効果前・ヘッジ考慮後)がある。主な内訳は、国債の評価益が1兆7447億円、外国債券の評価益が1兆9678億円だ。債券売却益を出せば、今期の見かけ上の利益を押し上げることは、いくらでもできる状態だ。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]