編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
Sapphire Now

デル、クラウドとIoTに向けた新アーキテクチャを披露--SAPとの提携で

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-05-18 10:19

 Dellは米国時間5月17日、フロリダ州オーランドで開催中のSAPの年次イベント「SAPPHIRE NOW」で、エンタープライズソフトウェアの大手であるSAPとの提携の成果を発表した。その狙いは、クラウドやアナリティクス、IoTの配備の合理化だ。

 Dellは同イベントで、仮想化されたSAPのソリューション環境をVMwareベースのクラウドプラットフォーム上に迅速に配備するためのデータセンターアーキテクチャ「Dell Automation and Cloud for SAP Software」を披露した。

 Dellによると、このアーキテクチャによって、仮想化されたSAPシステムのプロビジョニングや管理における自動化や簡素化がさらに推し進められるとともに、VMwareの運用管理ソリューションである「VMware vRealize Operations」を用いたパフォーマンスの管理と可視性の向上が図られるという。

 またDellはIoT分野において、SAPのインメモリデータベース「SAP HANA」と、Clouderaの「Hadoop」を活用する新たなアーキテクチャも発表した。「Dell Edge Gateway」テクノロジを用いて構築されたこの新アーキテクチャは、センサからのデータの収集と分析による業務支援を主眼としている。

 SAPとの提携に基づく、IoT向けのこのアーキテクチャは、Dellが4月に開始した「IoT Solutions Partner Program」の成果の1つとなっている。このパートナープログラムにはSAPの他にも、GEやMicrosoft、OSIsoft、PTC、Software AGが名を連ねている。

 またDellは、同社のサーバプラットフォーム上にSAP HANAと「SAP Predictive Analytics」を搭載した「Edge」製品を北米地域で新たに提供していく計画だ。同社は、「Dell Validated System for SAP HANA Edge」という完全に統合されたアプライアンスを2016年第3四半期中に提供する計画だと述べている。

 このアプライアンスにはSAPの予測分析ライブラリが含まれており、SAP HANAや、先進的なデータモデラー機能を搭載したSAP Predictive Analytics、迅速に価値を生み出すDellのサービスからネイティブなかたちで利用できるようになっている。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]