編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

S/4HANA導入で業績把握をリアルタイム化--NRIセキュア

NO BUDGET

2016-05-19 10:45

TechRepublic Japan関連記事

 野村総合研究所グループのNRIセキュアテクノロジーズは、業務の省力化と意思決定のスピードアップを目的として、これまで複数のシステムで構成されている業務システムを刷新し、新たな統合基幹業務システム(ERP)製品を基幹システムとして導入した。3月28日にシステムが稼働し、4月11日に利用を開始した。

 導入したアプリケーションは、SAPジャパンが2015年11月12日に発表した「SAP S/4HANA Enterprise Management」。インフラとしてAmazon Web Services(AWS)を採用している。同システムは、S/4HANA Enterprise Managementの日本における初の導入事例になったとしている。

 NRIは2015年夏以降、NRIセキュアにS/4HANAの導入を進めてきた。今回、S/4HANA Enterprise Managementの販売開始から約4カ月という短期間でシステムの稼働に至った。早期に導入が完了した背景として、NRIがSAP本社やインドの開発チームと共同で実施したSAP S/4HANAのベータ版評価プロセスであるSAP Co-Innovation ProgramとPre Validation Programを経て、構築ノウハウを早くから蓄積したことを挙げている。

 NRIセキュアは、今回導入したS/4HANA Enterprise Managementを自社の購買、販売、プロジェクト管理、財務会計、管理会計、固定資産管理の領域に適用している。これにより、業績把握のリアルタイム化と業務の効率化を実現したとのこと。

 具体的な導入効果は以下の通り。

  • 全業務データをS/4HANA Enterprise Managementに集約し、業績把握を従来の月次からリアルタイム化した
  • 紙を用いた業務フローの全廃と電子承認による単純化したフローの導入により業務を効率化
  • SAPの経費精算業務SaaS「Concur」を採用し、スマートフォンなどからも社内の経費を精算できるようにしたことで、場所や時間に制約されない精算業務を実現した

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]