編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

統合して成功する--「アジアはビジネスの“伸び代”が多い地域」EMC幹部

鈴木恭子

2016-05-20 08:30

 5月2日から4日間の日程で開催された「EMC World 2016」(ネバダ州ラスベガス)。EMCは10月までにDellによる買収が完了し、その後はDell Technologiesに社名変更される

 Dellの最高経営責任者(CEO)であるMichael Dell氏は、「今回の買収によって、企業にとって必要なITインフラを包括的に提供できる会社が誕生する。DellとEMCは強い補完関係にある」と、そのメリットを強調している。中堅小規模企業市場をカバーしているDellと、エンタープライズ市場に強いEMCが1つになることで、エッジからデータセンターまで、必要なソリューションを一気通貫で提供できるようになるというのが、そのメッセージだ。

 EMCでアジア太平洋と日本を担当するプレジデントのDavid Webster氏は、「アジア太平洋日本地域は、人口やビジネスの成長率、ITシステムのスケールやサイズが急速に拡大している地域だ」と指摘する。同時に、同地域の企業を取り巻く外部環境は急激に変化しており、「投資の配分を見直す必要がある」と説く。

EMC アジア太平洋日本地域担当プレジデント David Webster氏
EMC アジア太平洋日本地域担当プレジデント David Webster氏

 今回のコンファレンスでEMCは、「ビジネス環境をモダナイズするためには、システムの維持運用管理に投資を続けるのではなく、クラウドネイティブに対応した“第3のプラットフォーム”の構築に投資すべきた」とのメッセージを繰り返している。Webster氏も「インフラをモダナイズするには、『システムを構築する』のではなく、『システムを購入する』という発想が大切だ」と力説する。

 サーバやストレージ、仮想化ソフトウェアなどを個別のベンダーから購入すれば、システム構築に時間と労力とコストがかかる。

 それを解決するのが、ハイパーコンバージド(統合型)インフラストラクチャであり、今回発表したハイパーコンバージド ラックスケール システムの「VCE VxRack System 1000 with Neutrino Nodes」、オールフラッシュストレージアレイの「Unity」、2月に発表したラックスケール型オールフラッシュアレイ「DSSD D5」といった製品群であるというのが同社の主張だ。

 今回のコンファレンスではDSSD D5のアップデートとして、ハイパフォーマンスデータベースとデータウェアハウス向けに事前構成した「VCE VxRack System with DSSD」も発表している。

EMCのコンバージドシステム。同社は今回のコンファレンスで1万8000ドル~のオールフラッシュストレージアレイのUnityを発表している
EMCのコンバージドシステム。同社は今回のコンファレンスで1万8000ドル~のオールフラッシュストレージアレイのUnityを発表している

 EMCはアジア太平洋地域のビジネスに必要な要素として、「新規需要(可能性)を予測する仕組み」「アジャイル開発の実現」「透明性と信頼性の実証」などがあるとしている。Webster氏は、「これらはビジネスのモダナイズに必要不可欠だが、(同地域で)実現している企業は少なく、いわば、理想と現実のギャップがあるのが現状だ」と指摘した上で「われわれはこうしたギャップを解消するソリューションを迅速に提供できる」とビジネスチャンスの可能性を語る。

 特に、データのバックアップやコンテンツ管理、データセキュリティといった領域は、内部統制が確立していない企業も少なくない。こうした領域でも、Dellとの統合で包括的なソリューションが提供できるようになる。Webster氏は、「アジア太平洋地域は最もビジネスの成長が期待できる地域だ」と期待感を示した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]