編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
海外コメンタリー

ハイパーコンバージドインフラなど進展でストレージ管理者の役割に変化?

Keith Townsend (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-05-26 06:00

 最新のストレージ製品を見る限り、ストレージ管理者はエンタープライズITベンダーの標的になっているようだ。ハイパーコンバージドインフラストラクチャを提供しているベンダーは、マーケティングに「もうLUNを意識する必要はない」などの文句を多用しており、ストレージアレイを販売している企業でさえ、新しいストレージプラットフォームの設定の容易さを前面に打ち出している。

 この状況を見て、ストレージ管理者の役割は終わりに近づいていると判断する人もいるかもしれない。この分野は、今後インフラストラクチャ管理者のコスト削減の対象になり、ストレージ管理者は失業の心配をすることになるのだろうか?

扱いが容易になるストレージ

 従来のストレージのプロビジョニング手順は複雑なものだ。部外者からは、ストレージの管理は魔術のように見える。ストレージ管理者は、あるアプリケーションに必要とされるスループットを達成するために、表計算ソフトを引っ張り出して計算を行い、IOPの要件を満たすのに必要なディスクの数を決定する。その後、ストレージグループとRAIDレベルを決め、ストレージアレイを設定する。プロビジョニングには、LUN(論理ユニット番号)を生成して、サーバに割り当てる作業も含まれる。

 この手順は、大規模化することはできない。環境が動的であるほど、ストレージアレイのプロビジョニングと管理に必要な工数は増える。その需要に応じて人員を増やさない限り、ストレージチームはワークロードをプロビジョニングする際のボトルネックになってしまう。最新のストレージソリューションは、そのプロセスを容易にし、ボトルネックを取り除くことを目指している。

最新のソリューション

 ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)が普及している原動力の1つが、シンプルさだ。LUNの概念はなく、ユーザーインターフェースに性能と信頼性に関する簡単なオプションが用意されているだけだ。多くのソリューションでは、顧客はVMレベルで必要な冗長性のレベルを選択する。冗長性はノード間で複製されるVMの数によって決まり、性能はストレージのドライブの種類で決まる。高いパフォーマンスを必要とするワークロードはフラッシュストレージ上に置かれ、通常のワークロードはハードディスク上に置かれる。HCIのソリューションではフラッシュストレージを全面的に使用する選択肢も一般的になっているため、性能はあまり問題にならなくなっている。

 ただし、ハイパーコンバージドソリューションも、万能ではない。ハイパーコンバージドソリューションは仮想化環境に適合するように作られているが、大手ベンダーはハイエンドストレージアレイの設定を容易にすることに力を入れており、ベアメタル環境でのワークロードをサポートする必要も依然として残っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]