編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
調査

「ネガティブSEO」に案外多くのローカルビジネスが関心--英国でショックな調査結果

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-05-23 12:18

 英国の多くのSMB(中小規模企業)が競争に勝ち抜くために検索エンジン最適化(SEO)の不正なテクニックを実践することに前向きであることが、同国の調査で明らかになった。

 大企業、中小企業ともに、オンラインでプレゼンスを示すことが求められており、SEOは重要だ。ウェブサイトを最適化し、確実に正確なキーワードと検索用語を設定することで、企業はウェブサイトの露出を高めることができる。そうして、新しい顧客と収益を得ることに期待する。

 SEOに投資して検索エンジンでのウェブサイトのランキングを上げることは正当な方法だ。だが、Reboot Online Marketingが英国で行った調査によると、SEOを活用して不正なやり方で競争に勝とうとしているSMBも存在するという。競合のウェブサイトを妨害してGoogleの検索結果から削除するもので、Reboot Onlineはこれを「ネガティブSEO」としている。

 ネガティブSEOでは複数のテクニックが用いられるが、多くはGoogleが難色を示すやり方で、検索エンジンのランキングを下げたり、削除したりする結果となる。

 バックリンク(被リンク)を含むスパムを競合のウェブサイトに投稿する、マスリンクを含むコメントを投稿する、疑わしいソースからの外部リンクを作るといったテクニックがある。

 このようなネガティブSEOの結果、バックリンクの割合は増加しているが、Googleはこの状態を良しとせず、ドロップダウンやトラフィックの急落を招き、企業の信用を損なって収入源に大きな痛手を被ることになる。

 企業のSEO順位が高ければ、ネガティブSEOの被害者になる可能性がある。さらにSEO対策が安価になっており、Reboot Onlineはこのテクニックが「ますます大きな問題になっている」としている。同社も4月にターゲットになったという。

 競合に対してネガティブSEOを行うためにサービスを依頼したいかと尋ねる勧誘のメールを送ったところ、返答のあったローカルビジネスの半数に相当する47%が「イエス」と回答し、支払いの詳細情報を尋ねた。さらに、31%が関心があるとした。

 「合計で78%の企業が競合に対するネガティブSEOに関心がある、または受け入れると述べている。このテクニックは違法であり、不正だ」とReboot Onlineは記している。

ネガティブSEOに関心を示すSMB企業

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]