ヨークベニマル、レジで見せないデジタルクーポンサービスを201店舗で導入

NO BUDGET

2016-05-23 15:16

 ヨークベニマルは、201軒の店舗で使えるポイント還元型クーポンサービスの導入を始めた。カタリナマーケティングジャパンが5月19日に発表した。

 ポイント還元型クーポンサービスの「カタリナ」は、スーパーマーケットやドラッグストアのレジでクーポンを見せることなく使えるもの。2014年7月からサービス運営を開始しており、2016年4月末現在の登録会員数は27万人超。iOSとAndroid向けにアプリが提供されており、ウェブからも利用できる。

カタリナアプリ
カタリナアプリ(カタリナマーケティングジャパン提供)

 小売店の会員カード情報と連携しており、メーカーからの依頼で掲載するクーポンを消費者がアプリやウェブサイト上で選択し、小売店で対象の商品を購入すると、POSデータと紐づき、クーポン内容に応じて会員カード(システム)にポイント還元される仕組み。この連携により、レジでクーポンを提示する必要がなくなる。

 まず、買い物の前にカタリナでクーポンを選択して対象商品を購入、その際にあらかじめ登録したポイントカードをいつも通りに店舗のレジで提示すれば、クーポンのポイントがポイントカードに還元される。

使い方のイメージ
使い方のイメージ(カタリナマーケティングジャパン提供)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]