編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
調査

ビッグデータおよびアナリティクス市場、2019年に1870億ドル超の規模に

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-05-24 11:16

 IDCによると、ビッグデータおよびアナリティクスの市場は2019年に1870億ドル以上の規模に拡大する見通しだという。2015年時点では1220億ドル規模だったことから、5年で市場が50%以上も拡大することになる。

 サービスがビッグデータおよびアナリティクスの総売上高の半分以上を占め、ソフトウェアが2番目に大きなカテゴリになるとみられている。ビッグデータおよびアナリティクス関連のソフトウェアは2019年に550億ドル規模の市場になる見通しだ。ハードウェア市場は約280億ドルの規模になる。

 ソフトウェア売上高の大半は、エンドユーザークエリー、レポーティング、アナリシス、データウェアハウス管理のアプリケーションが中心になる。

 IDCによると、業界別では、ディスクリート型製造業がビッグデータを追い求める最大の業界になり、銀行業とプロセス型製造業がそれに続くという。政府、サービス、電気通信、小売業も大きなカテゴリになる見通しだ。

 IDCは、ほかにも以下の興味深い予測を発表した。

  • これからの5年間、公益事業、資源業界、ヘルスケア、銀行業がビッグデータおよびアナリティクス分野で最も大きな成長を示す。
  • 大企業が支出を主導し、2019年に1400億ドル規模になる見通しのビッグデータおよびアナリティクス売上高に貢献する。
  • 小規模企業(従業員数500人未満)がビッグデータ売上高の4分の1を占めるようになる。
  • 米国がビッグデータおよびアナリティクスツールの最大の市場になり、2019年までに980億ドルの規模に達する見通しである。米国に続くのは、西欧、アジア太平洋地域、中南米だ。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]