編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

PGP共同創設者のJ・カラス氏、アップルに再移籍

Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2016-05-25 12:14

 Jon Callas氏は暗号作成者とセキュリティ専門家の顔を持ち、広く利用されたメール暗号化ソフトウェア「Pretty Good Privacy(PGP)」を所有していたPGP Corporationを共同で創設した人物だが、現在Appleで働いている。ただし、これが初めてではない。

 Callas氏がAppleに籍を置くのは今回が3度目となる。同氏はまず1990年代に同社で働き、その後2009~2011年の在籍時には、「Mac」向けにフルディスク暗号化を開発して、米政府による「iPhone」の認可に道を開いた。

 Reutersがこのニュースを最初に報じた。

 米CNETはCallas氏の新たな役割についてAppleにメールで問い合わせたが、現時点で回答はない。Callas氏にも別途メールを送ったが、これにも回答はない。

 「LinkedIn」のプロフィールによると、Callas氏の職歴は2016年4月より「Personal Stealth Mode」(非公表)となっている。同氏がAppleの前に勤めていたのはセキュリティソフトウェアメーカーのSilent Circleで、勤務時間の大半を使い「Blackphone」プロジェクトに取り組んでいた。

 Callas氏がAppleで何を手がけるかは謎のままだ。ただし、ここ数カ月にわたり米政府とAppleが解読不能な暗号の使用をめぐって対立していることを考えると、同氏が暗号化に関する業務に従事するのはほぼ間違いない。

 暗号化技術と強力な暗号化の熱心な提唱者であるCallas氏は、成人後の大半の時間を費やし、ハッカーや政府機関からユーザーを保護してきたが、政府機関のセキュリティに協力することも度々あった。


Jon Callas氏。
画像提供:SkyDogCon via Twitter)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]