松岡功の一言もの申す

富士通はクラウドの得意分野で世界トップを目指せ

松岡功 2016年05月26日 11時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通がクラウド事業を一段と強化した。国内市場では存在感を増しつつあるが、同社が目指すのは世界市場での躍進だ。ぜひ得意分野で世界トップを目指してもらいたい。

2割に迫るSaaSやプライベートクラウドの国内シェア

 富士通が先ごろ、IaaS/PaaS型クラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」(K5)を中核としたデジタルビジネスプラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」(MetaArc)の強化を発表した。顧客企業のデジタル革新の実現に向けて、既存の基幹システムのクラウド移行や、新規ビジネスの迅速な立ち上げに向けたICT基盤の構築を加速させるのが狙いだ。

 強化内容は、顧客企業の複雑化したICTインフラの最適化に向け、システムの移行計画の立案から設計、システム構築までを総合的に支援するサービスや、既存システムのK5へのスムーズな移行を可能にするサービスなどを新たに提供するものだ。その詳細については関連記事(12)を参照いただくとして、ここではK5の市場競争力に焦点を当てたい。

  K5は、IaaS構築用ソフト「OpenStack」やPaaS構築用ソフト「Cloud Foundry」といったオープンソースソフト(OSS)に基づくオープン技術と、富士通のシステム開発や運用ノウハウを融合したクラウドサービスである。提供形態としては、パブリッククラウドやホステッドプライベートクラウドといったサービスと、オンプレミスでのプライベートクラウド向けがある。

 今回の発表会見では、自ら算定した2015年度の国内クラウド市場のシェアとして、SaaSが18%、IaaS/PaaSが9%、プライベートクラウドが19%だったことを明らかにした。この区分でいうと、K5はIaaS/PaaSとともにプライベートクラウドの相当量が含まれているとみられる。さらに同社のクラウド事業規模は、2015年度で前年度比21%増の2900億円、2016年度にはこれを同21%増の3500億円に引き上げる目標を掲げている。ただ、このうち「サービス」がどれくらいの割合かは明らかにしていない。

会見
会見に臨む富士通の執行役員専務デジタルサービス部門長の香川進吾氏(左)と
執行役員常務グローバルマーケティング部門長の阪井洋之氏

ホステッドプライベートクラウドサービスでナンバーワン宣言

 会見で説明に立った富士通執行役員専務デジタルサービス部門長の香川進吾氏は同社のクラウド事業について、「クラウドサービスというとAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureが目立っているが、K5はこれらと同じように利用できるだけでなく、顧客ニーズに応じて柔軟に競合サービスと連携を図ることもできる。最も重要なのは顧客ニーズに的確に応えることで、当社としてはどのような形態でも対応できるように努めていきたい」と語った。

 とはいえ、クラウドで世界市場にも本格的に打って出ようという同社にとっては、サービスそのもので市場競争力を発揮することも非常に重要な取り組みではないか。そう考えた筆者は会見の質疑応答で、事業そのものに勢いをつけるためにも「富士通が得意とするクラウドサービス分野において、国内外でトップになると宣言してはどうか」と聞いてみた。得意とする分野というのは、ホステッドプライベートクラウドサービスを想定しての質問である。

 これに対し、同社執行役員常務グローバルマーケティング部門長の阪井洋之氏は、「ホステッドプライベートクラウドサービスは得意とする分野だが、それを含めてマルチクラウドやハイブリッド環境に対応したインテグレーションを、当社の最大のアドバンテージにしていきたい」と答えた。

 ただ、香川氏は「宣言」する格好の機会と捉えたようで、K5を担当する同社デジタルビジネスプラットフォーム事業本部 本部長の太田雅浩氏に発言を促し、ついに「ホステッドプライベートクラウドサービスでナンバーワンをとる」(太田氏)との宣言となった。

 宣言があったので、あえて一言もの申し上げておきたい。クラウドサービス分野では、確かに米国勢をはじめとしたグローバルベンダーは強力な存在だが、日本のベンダーもホステッドプライベートクラウドサービスではまだまだチャンスがあるはずだ。ぜひ世界市場を見据えて挑んでほしい。とりわけ富士通には、その先陣を切ってもらいたいものである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]