編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

グーグル、「Chrome 51」をリリース--42件のセキュリティ修正やサインイン簡略化など

Danny Palmer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2016-05-27 10:25

 Googleは「Windows」版および「Mac」版の「Google Chrome 51」をリリースし、開発者やユーザーに多くのセキュリティ修正や新機能を提供した。

 Chrome 51は新しい「Credential Management API」を導入している。これで各サイトへのサインインがもっと簡単になるはずだ。開発者はこのAPIを利用することで、ユーザーが一度サインインすれば、再訪時に自動でサインインできるよう設定できる。

 このAPIは、「Android」ユーザーがデスクトップとモバイルを切り替えながら使う場合に、より大きなメリットが得られるだろう。「Chrome」は、ブラウザのパスワードマネージャに認証情報を保存しており、Googleの「Smart Lock for Passwords API」を組み込んだAndroidアプリと同期できる。

 また、オフスクリーンレンダリングの負荷が軽減されている。これによって人気の高いモバイルサイトでの電力消費を最大30%減らすことができるとしている。この機能の狙いは、動画やソーシャルウィジェット、広告がデバイスのバッテリに及ぼす影響を最小限に抑えることだ。

 Googleはさらに、Chromeのバグ発見報奨金プログラムの下でセキュリティ研究者に総額約6万5000ドルを支払ったことを明らかにした。Chromeに見つかったセキュリティの問題を合計42件修正している。このうち、24件について基本情報が公開されている。9件は深刻度が「High」(高)で、10件が「Medium」(中)、4件が「Low」(低)となっている。

Chrome 51安定版リリース
オフスクリーンレンダリングの負荷が軽減されている。
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]