グーグル、「Chrome 51」をリリース--42件のセキュリティ修正やサインイン簡略化など

Danny Palmer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ) 2016年05月27日 10時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは「Windows」版および「Mac」版の「Google Chrome 51」をリリースし、開発者やユーザーに多くのセキュリティ修正や新機能を提供した。

 Chrome 51は新しい「Credential Management API」を導入している。これで各サイトへのサインインがもっと簡単になるはずだ。開発者はこのAPIを利用することで、ユーザーが一度サインインすれば、再訪時に自動でサインインできるよう設定できる。

 このAPIは、「Android」ユーザーがデスクトップとモバイルを切り替えながら使う場合に、より大きなメリットが得られるだろう。「Chrome」は、ブラウザのパスワードマネージャに認証情報を保存しており、Googleの「Smart Lock for Passwords API」を組み込んだAndroidアプリと同期できる。

 また、オフスクリーンレンダリングの負荷が軽減されている。これによって人気の高いモバイルサイトでの電力消費を最大30%減らすことができるとしている。この機能の狙いは、動画やソーシャルウィジェット、広告がデバイスのバッテリに及ぼす影響を最小限に抑えることだ。

 Googleはさらに、Chromeのバグ発見報奨金プログラムの下でセキュリティ研究者に総額約6万5000ドルを支払ったことを明らかにした。Chromeに見つかったセキュリティの問題を合計42件修正している。このうち、24件について基本情報が公開されている。9件は深刻度が「High」(高)で、10件が「Medium」(中)、4件が「Low」(低)となっている。

Chrome 51安定版リリース
オフスクリーンレンダリングの負荷が軽減されている。
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算