編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
日本株展望

グローバル比較でみる日本株式の割安感--G7サミットを受けた政策発動に注目 - (page 3)

ZDNet Japan Staff

2016-05-27 11:09

為替相場での円高一巡感に注目

 なお、為替相場で潮目の変化がみられる点にも注目したい。5月以降の米景況感の改善や4月のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録要旨を受けたドル金利の先高感で、為替市場でのドル安・円高観測は後退しつつある。

 米国のFF金利先物の動向から試算される「6月と7月のFOMC(米連邦公開市場委員会)における利上げ予想確率」は最近急上昇している(図表4)。

 実際に、次回のFOMC(6月14~15日)で追加利上げが決定されるか否かは、6月3日に発表される5月雇用統計の内容や、英国で6月23日に実施される国民投票(英国のEUからの離脱を巡る賛否を問う)に向けた市場変動次第との見方もある。

 いずれにせよ、「ドル金利上昇観測(=ドル高観測)」が浮上してきた趨勢に注目したい。なお、27日(米国時間)にはイエレンFRB(米連邦制度準備理事会)議長が講演を行う予定となっており、市場はその発言内容も注目される。

図表4:米FF金利先物市場で試算される6月・7月FOMCでの利上げ予想確率

(出所)Bloombergのデータより楽天証券研究所作成(2016年5月25日時点)
(出所)Bloombergのデータより楽天証券研究所作成(2016年5月25日時点)

まとめ

 国内株式市場は当面

  1. G7サミットで各国首脳が議論する「世界景気下支え」を巡る合意
  2. 同サミットを受けた日本の政府・金融当局による政策発動(アクション)の規模と実効性
  3. 米景況感の改善を映す米国株堅調とドル高(円安)の持続性

 などを見極める動きが主流となりそうだ。リスクシナリオとしては、上記諸条件が市場の期待に沿わず、米国株やドル円相場が一転下落する事態となれば、国内株式(日経平均)も再び下値を探る展開を余儀なくされる可能性があり警戒を要する。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]