バングラデシュ中銀攻撃の犯行グループ、フィリピンの銀行にも攻撃か--シマンテック

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年05月30日 12時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Symantecによると、2月に発生したバングラデシュ中央銀行が保有する米ニューヨーク連邦準備銀行の口座から8100万ドルが盗み出された事件の犯行グループが、フィリピンの金融機関に対しても攻撃を仕掛けていたという。

 両方の攻撃で利用されたマルウェアに使われているコードの類似性により、2件は同じ犯行グループによるものだという推測に至ったとSymantecのブログは述べている。

TechRepublic Japan関連記事

 Symantecmによると、2015年10月からフィリピンの銀行に攻撃が仕掛けられており、この犯行グループによるそれ以前の既知の攻撃と似ているという。

 「さらなる攻撃の発見は、このグループが同地域で金融機関に対して幅広い攻撃を展開していたというさらなる証拠につながる」とSymantecは記している。

 一部のコードの類似性をたどると、マルウェアはSony Picturesに対する攻撃で使われたトロイの木馬に関連するグループLazarusに行きつく可能性が指摘されている。

 バングラデシュ中銀への攻撃が明らかになった後、世界の銀行間取引に使用されるメッセージサービスを提供する国際銀行間通信協会(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication:SWIFT)は、新しいセキュリティプログラムを開始する計画であることを明らかにしている。

 SWIFTの最高経営責任者Gottfried Leibbrandt氏は先週、「バングラデシュ中銀の不正送金事件は独立したインシデントではない。とても大きな意味を持ち、銀行業の核に迫るものだ」と述べていた。

 2月にSWIFTシステムがハッキングされ、犯罪者はバングラデシュ中央銀行が保有するニューヨーク連邦準備銀行の口座から8100万ドルを盗み出したが、さらにこの攻撃者は2015年にエクアドルの銀行から1200万ドルを盗んだとされており、ベトナムの商業銀行に対する攻撃にも関与しているとみられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算