編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
海外コメンタリー

蘇る「OS/2」、新名称は「ArcaOS」に--年内リリースに向け徐々に詳細が判明 - (page 2)

James Sanders (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-06-01 06:00

OS/2のインストーラの刷新

 年季の入ったOS/2古参ユーザーは、このOSをインストールする時の面倒さを熟知している。IBMのOS/2インストーラのひどさは、最高の条件であってさえ、「Gentoo Linux」のインストーラが直感的に見えてくるほどだ。OS/2の他の部分に比べると、インストーラの古さは際立っている。今でも、インストール用CDを読み込む前に、システムをフロッピーディスクから起動する必要があるのだ。フロッピーディスクドライブは15年前に事実上絶滅しているし、光学ディスクドライブのついたノートPCを見つけるのもだんだん難しくなってきている。

 インストールさえ終わっていれば、Arca Noaeのソフトウェアパッケージや、netlabs.orgの有名なオープンソースパッケージの移植版などを利用することで、OS/2は今でも十分に使用可能だ。ArdcaOSの目標は、一般に入手可能な最新のハードウェアで、BlueLionを最新のLinuxディストリビューションと同じくらい簡単にインストールできるようにすることだ。この目標にたどり着くにはかなりのハードルがあるが(特に大きいのはUEFIだろう)、その目標にたどり着くのに必要な作業のほとんどは、インストーラを新しくすることに集約される。

 この理由から、ほとんどの労力はインストーラと、Linuxのレスキューパーティションと同じ形で呼び出せるプリブート環境の構築に投入されている。この新しいインストーラは、ネットワーク経由でArca Noaeから標準的なyum/rpmパッケージ形式で、最新のパッケージをダウンロードできるため、OSと同時にアップデートをインストールすることもできる。それに加え、インストーラは光学メディアだけでなくUSBメモリからも直接起動でき、ネットワークインストールについても検討されている。

現状

 Rosenthal氏によれば、2015年以降、ArcaOSの内部向けアルファ版ビルドはほぼ毎週リリースされているという。これらのビルドはISO形式になっており、手動でインストールする必要があるが(システムのライブイメージではない)、ArcaOSの作業のほとんどがインストーラに関するものであることを考えれば、インストールメディアを徹底的にテストすることはよいことだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]