編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

レノボ、サービス向上を目指し修理サービスをNEC PCに完全業務委託へ

NO BUDGET

2016-06-01 07:00

 レノボ・ジャパンは5月30日、7月3日より国内におけるパソコン、タブレット製品のすべての修理をNECパーソナルコンピュータ(NEC PC)に業務委託し、NEC PCの修理拠点である群馬事業場に順次統合すると発表した。レノボのコールセンター業務は2012年よりNEC PCに委託済みであり、今回の修理拠点統合により、レノボの顧客サービス関連業務は国内で豊富な実績を持つNEC PCが担ってゆくことになる。

TechRepublic Japan関連記事

 NEC・レノボジャパングループは誕生から5年。これまで、NEC PCがレノボのグローバル規模の購買力を活用して製品の部品調達、開発のコスト効率を高める一方で、レノボ・ジャパンはNEC PCの群馬事業場(サービス)、米沢事業場(生産)を活用し、カスタマーセントリックな発想に立ったサービスの向上を推進してきた。

 このうちNEC PC群馬事業場では、2014年よりレノボのAndroidタブレット製品の修理を受託している。今回、その実績から物流の共通化、修理ノウハウの共有などでサービス向上が期待できるとして、全てのレノボ製品の修理をNEC PCに業務委託することになったという。

 今回の修理拠点完全移管によりユーザーが得られるメリットとして挙げられているのは、以下の通り。

  • NECブランド製品で培った修理ノウハウを共有することにより、NECブランド製品で実績のある1日修理(保証期間内製品の修理作業を修理センター着荷後24時間以内に完了、出荷すること)の実施率を95%以上にする予定
  • 今回の移管に伴い、レノボThink製品の修理パーツを保管するセンター倉庫を東京羽田空港近くに設置。従来、北海道、九州では一部地域でのみ提供していた「翌営業日オンサイト修理」のサービスエリア拡大を図る
  • レノボとNEC PCの顧客対応ノウハウの共有により、より精度の高い修理部品在庫管理が実現でき、サービスの向上に繋げる。
  • 一部の家電量販店からの修理依頼品の回収・返却にもNEC PCの物流網を活用。販売店様の利便性も向上する

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]