編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

IBM、アプリケーション視覚化ツールを手がけるEZSourceを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-02 11:54

 IBMは米国時間6月1日、アプリケーションの視覚化ツールを手がけるイスラエルの企業EZSourceを買収すると発表した。

 2003年創業のEZSourceは、メインフレーム上で動作しているミッションクリティカルなアプリケーションの維持管理を支援するための可視化ダッシュボード製品を手がけている。EZSourceはイスラエルと英国、米国、スイス、日本、ルーマニアにオフィスを設置しており、現在の顧客にはING LifeやMaybank、7-Elevenなどが名を連ねている。

 IBMによると、EZSourceのダッシュボードは先進的な分析テクノロジを採用しており、修正が必要となる複数のコード部分を開発者に通知することで、修正処理をより効率的かつセキュアなものにするという。

 IBMは、「IBM z/OS Connect」や「IBM API Connect」といった同社のAPI管理ソリューションにEZSourceのテクノロジを組み込む計画だ。同社によると最終的な目標は、メインフレーム上のシステムと、より新しいモバイルやクラウド、ソーシャル、認知といった分野のワークロードのギャップを埋めるうえで開発者を支援することだという。

 「IBM z Systems」担当ゼネラルマネージャーであるRoss A. Mauri氏は発表で、「メインフレームは今日のビジネスにおけるバックボーンだ。このため顧客は、既存の資産やプロセスを活用する一方で、新たなアプリケーションによるイノベーションの実現や事業価値の創造を模索することで、デジタル分野での変革を推し進めている」と述べるとともに、「EZSourceのテクノロジをわれわれのエンタープライズ向けDevOpsやAPI管理に組み込むことで、これまでであれば多くの人手を要し、特殊なスキルが必要となることも多かった基幹アプリケーションの刷新を、より容易かつ迅速に行えるようになる」と述べている。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]