編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

HPE、DevOps向けアプリケーションライフサイクル管理ソフト「Octane」をリリース

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-03 11:01

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)が、アプリケーションライフサイクル(ALM)管理スイート「Octane」をリリースしたと発表した。エンタープライズ企業でDevOps関連プロセスのスピードアップと効率化を促すためのソフトウェア製品だ。

 DevOpsは、開発部門とIT運用部門がアジャイルなコラボレーションやコミュニケーションを活用して連携する手法だ。

 Octaneは、「Jenkins」「GIT」「Gherkin」といったツールやフレームワークをサポートする。また、HPEのALMソフトウェアや「Quality Center」と連携して使用できる。

 主な特徴は以下の通り。

  • Octaneは、開発者に幅広く使用されているテストツールやさまざまなAPIと連携可能だ。
  • 自動のテストプロセスを設定、実行して、開発者が容易に結果や不具合を把握できるようになっている。
  • スクリプトをテストするためのさまざまなテスティングツールや自動化ツール、フレームワークに対応しており、不具合の発見やアプリケーションとそのコンポーネントのさまざまな関係性の追跡が可能だ。
  • アナリティクスが組み込まれており、品質の維持や意思決定に活用可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]