編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
海外コメンタリー

ビッグデータやUIも--M・ミーカー氏の「Internet Trends 2016」、企業が注目すべき5つ

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-06-07 06:30

 ベンチャーキャピタリストとして著名なMary Meeker氏は最近、2016年のインターネットトレンドに関するプレゼンテーションを実施した。本記事では、そのプレゼンテーションのなかから、企業が押さえておくべきトレンドを紹介する。

Mary Meeker Internet Trends 2016
提供:iStockphoto/HYWARDS

 インターネットがわれわれの日々の生活におけるあらゆる側面に浸透し続けるなか、道具やプラットフォームとしてのインターネットの使い方は明らかに変化している。こういった変化は、時間をかけて起こるものの、企業にとって大きな意味を持ち得るのだ。

 ベンチャーキャピタル企業Kleiner Perkins Caufield & Byers(KPCB)のパートナーであるMary Meeker氏は米国時間6月1日、カリフォルニア州ランチョパロスベルデスで開催された「Code Conference」で、2016年におけるインターネットトレンドについてのプレゼンテーションを実施した。このプレゼンテーションでは、インターネットの利用状況に関する世界的なトレンドとともに、企業のツールとしてのインターネットの利用方法に関する変化が概説された。

 同氏のプレゼンテーションは毎年恒例となっており、今年のスライドは213枚で構成されていた。本記事では、それらに目を通す時間がない方のために、重要な点をかいつまんで紹介する。

#1:メッセージングがトレンドとして成長し、進化していく

 メッセージングアプリおよびそのプラットフォームのユーザー数と利用時間はともに、急速に成長している。「WhatsApp」はその先頭を走っており、「Facebook Messenger」と「WeChat」が後に続いている。

 メッセージング関連の成長で無視できないのは、単なるテキスト通信にとどまらない変革がもたらされている点だ。コンシューマー市場では絵文字やスタンプ、フィルタによってコミュニケーションの幅が広がり、ビジネス市場では一部のメッセージングプラットフォーム上で提供されているより専門に特化したサービスが利用されるようになってきている。WeChatやFacebook Messenger、「LINE」は企業向けサービスとして、顧客エンゲージメントを高める方法や、顧客サービスの改善方法を提供するとともに、プラットフォーム上での支払いも可能にしている。

 インターネット上にある、ウェブプラットフォームやチャットプラットフォーム、ソーシャルメディアはY世代の顧客にリーチする優れた手段であるため、メッセージングアプリやチャットアプリを用いて顧客ベースを拡大したいと考えている企業にとって、またとない機会が提供される。またMeeker氏は、メッセージングアプリが多くのユーザーにとって「第2のホーム画面」になりつつあるため、企業は顧客とのコミュニケーションを図るうえでこういったアプリを活用しなければならないとコメントした。

Mary Meeker Internet Trends 2016
提供:Mary Meeker氏/KPCB

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]