編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
日本株展望

イエレン講演を受け、やや円安進む

ZDNet Japan Staff

2016-06-07 10:50

 6月6日の日経平均は、62円安の1万6580円だった。朝方、319円安の1万6322円まで下がったが、その後、下げ幅を縮小した。朝方、1ドル106.62円だった為替が、午後には1ドル107円まで円安へ動いたことが、日経平均が下げ幅を縮小する要因となった。

 5月30日週末に発表された5月の米雇用統計はネガティブ・サプライズ(弱くて驚き)だったが、米景気の実態はそんなに悪くないとの見方が主流だ。

 「米早期利上げが難しくなり、円高が進んだこと」は日本株にネガティブだが、「米景気が回復しつつあるにもかかわらず、利上げがしにくい環境になった」ことは、世界の株式にとって追い風だ。世界的なリスクオフが始まったわけではないので、日経平均だけが大きく下がることはないとの見方も出て、6日午後は日経平均を買い戻す動きが出た。

 7日の日本時間午前6時30分現在、為替は1ドル107.59円、CME日経平均先物(6月限)は1万6650円だった。イエレンFRB議長が、6日の講演で「FF金利をゆるやかに(gradually)引き上げることがたぶん必要になる」との発言を繰り返したことから、やや円安(ドル高)が進んだ。

 ただし、利上げの時期を明示せず、利上げを急ぐ必要もないととれる語りぶりであったことから、早期(6月、7月)利上げの期待は低下した。このことについて、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

とりあえずボックス圏内にとどまった日経平均

 日経平均は今、1万6500~1万7000円を中心とするボックス圏に収束しつつある。

日経平均週足:2015年1月4日~2016年6月6日

(注:楽天証券マーケットスピードより窪田氏が作成)
(注:楽天証券マーケットスピードより窪田氏が作成)

 為替が1ドル111円の円安水準をつけたとき、1万7234円まで上昇してボックスの上抜けを試したが、為替が円高に反転したために、日経平均はボックス圏内に打ち返された(ピンク色の矢印をつけたところ)。

 6日の午前中は、1ドル106円台に進んだ円高を嫌気して、日経平均はボックス圏の下抜けを試したが、午後に下げ幅を縮小し、一旦ボックス圏内に戻った(水色の矢印をつけたところ)。

 日経平均は、しばらくボックス圏内で推移する可能性もある。ただし、三角もち合いは徐々に収束しており、近く、上か下へ抜ける可能性もある。よって為替が鍵となる。その為替に影響するのが、米金融政策だ。

 イエレンFRB議長は6日の講演で、5月の米雇用統計が弱かったこと、世界経済に不透明要因があることに言及した。「先行き雇用を増加させ、インフレ率を上昇させるポジティブな力が、ネガティブな力を上回ると考えるのに十分な理由がある」と語り、ゆるやかに金利の正常化(利上げ)を進めるべきであるとの見解を示した。ただし、時期を明示せず、早期利上げの期待は低下した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]