編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

インテル、サーバ向け「Xeon E7 v4」プロセッサを発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-07 10:24

 Intelが最新の「Xeon」プロセッサ群を発表した。エンタープライズアナリティクスの中核という位置付けだ。Intelの最新チップ群が低迷するサーバ市場を活性化できるかどうかは、今後明らかになっていくだろう。

 IntelのデータセンターグループでエンタープライズITソリューションズ担当ゼネラルマネージャーを務めるPatrick Buddenbaum氏によると、「Xeon E7 v4」ファミリの狙いは、さまざまな業界でリアルタイムアナリティクスとミッションクリティカルコンピューティングを進化させることだという。

 マーケティングから金融、販売、IT、顧客サービス、製造、サプライチェーンまで、アナリティクスは至る所に存在し、あらゆる分野で活用されている、というのが全体的なテーマだ。Intelは、新しいチップによって、データをより迅速に知見に変えることが可能になる、とアピールしている。ここで注意しなければならないのは、アナリティクスがSalesforceやWorkdayなど、複数のソフトウェアサービスに組み込まれつつあることだ。それらのサービスが拡大するにつれて、自前のインフラストラクチャを稼働させる必要性は縮小する。

 新しいXeonでは、最大24テラバイトのメモリ構成が可能だ。さらに、最大64ソケットに対応する。パートナー各社とともに、新しいXeonはビッグデータ、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)のワークロード処理性能の強化を目指す。


 Dellを含むIntelのパートナー各社は、最新のXeonをベースとする新システムの発売を予定している。


 エンタープライズがサーバをアップグレードして、アナリティクスに利用するかどうかは、現時点では不明だ。現状では、より多くのアナリティクスワークロードがクラウドに移行している。

 第1四半期のサーバ市場に関するIDCの調査結果を見ると、現状がよく分かる。

 IDCによると、第1四半期のサーバ市場の総売上高は3.6%減の124億ドルだったという。サーバ出荷台数は3%減の220万台だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]