お金の振り込み時にスマホで追加認証、RSAがリスクベース認証ソフト新版 - (page 2)

日川佳三

2016-06-07 16:18

振り込みトランザクション保護の対策はほとんどとられていない

EMCジャパン、RSA事業本部、事業推進部、シニアビジネスデベロップメントマネージャーの花村実氏
EMCジャパン、RSA事業本部、事業推進部、シニアビジネスデベロップメントマネージャーの花村実氏

 EMCジャパンのRSA事業本部で事業推進部シニアビジネスデベロップメントマネージャーを務める花村実氏(写真2)は、「不正送金の1件当たりの金額が大きくなってきている。法人口座を狙った不正アクセスが増えているのではないか」と、不正送金の現状を説明する。

 この一方で、対策のハードルが高いことから、法人口座では採用していてしかるべき電子証明書ベースの対策がほとんどとられていないのが現状という。「振り込みトランザクションは最後の砦。ユーザーに負担を強いることなく対策を講じるためにリスクベース認証が適する」(花村氏)。

 Adaptive Authenticationの価格(税別)は250万円から。新機能の振り込みトランザクションごとの認証は別途料金が必要で、利用者数が10万人規模のサイトの場合、利用者1人当たり623円。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]