編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

レノボ、データセンター向けソリューション強化--SDSプログラム「StorSelect」など発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-10 10:22

 Lenovoが新しいストレージ製品やネットワーキング機能、サーバやハイパーコンバージドアプライアンスを発表した。870億ドルにおよぶデータセンターテクノロジ市場に向けた取り組みを強化する。

 LenovoのData Center Product Groupでシニアバイスプレジデントを務めるTom Shell氏によると、新製品は「データセンターの徹底的な見直し」を図るLenovoの取り組みの1つだという。

TechRepublic Japan関連記事

 「この飛躍的に拡大したポートフォリオは、真にオープンなエコシステムでデータセンターの意味のあるイノベーションを創出するというLenovoの取り組みを強く示すものだ」とShell氏は述べた。

 ストレージ関連では、ソフトウェア定義アプライアンスプログラム「StorSelect」を発表した。StorSelectは、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)と連携してSDSソフトウェアをLenovoのハードウェアと統合するオープンなエコシステムだと述べている。

 最初のパートナーはNexenta SystemsとCloudianで、両社のソフトウェアがLenovoのストレージアプライアンス「DX8200N」と「DX8200C」にそれぞれ統合される。DX8200NとDX8200CはいずれもLenovoの「x86」サーバプラットフォーム上に構築されている。

 さらにLenovoは、初のLenovoブランドのミッドレンジのストレージシステムを発表した。新しい「V3700 V2」と「V5030」は、暗号化や仮想化といった機能を備えるとLenovoは述べている。

 ネットワーキング関連では、次世代のクラウドネットワークOS「Lenovo Cloud NOS」を発表した。このクラウドプラットフォームはレジリエンシーやクラウドレベルのスケーラビリティ、プログラマビリティを強化する新機能を提供するとLenovoは述べている。

 また、さらなる市場進出に向けたJuniper Networksとの戦略的なパートナーシップを拡大する。この提携は3月に発表されている。両社は、LenovoがJuniperのイーサネットスイッチ「EX2300」「EX4550」のほかデータセンターの固定構成スイッチ「QFX10002-72Q」を再販する契約を締結した。

 サーバに関しては、ミッションクリティカルなサーバを刷新し、Intelのプロセッサ「Xeon E7-4800」「E7-8800 v4」を組み込んだと発表した。

 ハイパーコンバージドアプライアンス「HX Series」のポートフォリオも拡張されている。Nutanixのソフトウェアをベースに、より広範なワークロードや導入コストの要件に対応している。新製品には、「HX1000 Remote Office/Branch Office(ROBO)」や中小企業向けの「HX2000 Series」などがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]