「Microsoft Azure」、FreeBSDを公式サポート

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-10 10:42

 Microsoftは米国時間6月8日、「FreeBSD 10.3」を「レディメイド」の仮想マシン(VM)イメージとして「Azure Marketplace」で公開したと発表した。

 これによって、顧客は「Microsoft Azure」上でFreeBSDのVMを容易に利用できるようになるとともに、必要に応じてMicrosoftのエンジニアによる公式サポートを受けられるようになる。

 これまで、Azure上でFreeBSDを実行するには、カスタムイメージを入手する必要があったが、今後はAzure MarketplaceからFreeBSDを利用できる。なお、同イメージはFreeBSD Foundationによって発行されたものではなく、Microsoftによって発行されたものだ。

TechRepublic Japan関連記事

 Microsoftによると、多くの大手仮想アプライアンスベンダーがFreeBSDをベースにした製品を開発しているため、Azure上で同OSを稼働できるようにすることが重要だったという。

 Azure向けに「レディメイド」のFreeBSDのVMを提供するという今回の動きは、「Hyper-V」上でFreeBSDの本番環境向けワークロードの稼働を公式に保証するという同社の既存の取り組みの延長線上にある。

 同様に、Microsoftが自社でFreeBSD 10.3のイメージをビルドした決定的な理由には、Azure上のFreeBSDのVMでエンタープライズグレードのサービス品質保証(SLA)を実現するというものがある。また同社によると、サポートに関するFreeBSD Foundationの負担を軽減する目的もあるという。

 MicrosoftのオープンソーステクノロジーセンターでプリンシパルPMマネージャーを務めるJason Anderson氏は「Azure上で実行されているFreeBSDのVMに対し、エンタープライズグレードのSLAを顧客に保証するために、そしてFreeBSD Foundationの負担を軽減するために、イメージのビルドやテスト、リリース、メンテナンスを当社で行うことにした。今後もHyper-VやAzure上でのFreeBSDへの投資を継続するとともに、FreeBSD Foundationとの密接に連携していく」と述べている。

 またAnderson氏は、Microsoftが以前からアプライアンスベンダーのサポートに多大な努力を傾けてきており、これらベンダーの多くはFreeBSDを使用し、その仮想アプライアンスをAzure Marketplaceで公開しているとも述べている。Hyper-V上でFreeBSDをサポートしたMicrosoftの目的は、アプライアンスパートナーの製品がHyper-Vを使用してAzure上で円滑に動作することを保証するためだった。

 FreeBSD FoundationのプレジデントJustin T. Gibbs氏はMicrosoftの取り組みが、FreeBSDコミュニティーにとって「意義深いマイルストーン」であるとして歓迎している。

Microsoftは、「FreeBSD 10.3」を「レディメイド」の仮想マシン(VM)イメージとして「Azure Marketplace」で公開したと発表した。
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]