米ZDNet編集長Larryの独り言

AWSは「弾み車効果」で今後ますます優位に--Oppenheimerレポート - (page 2)

Larry Dignan (ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-06-14 06:30

 この効率性の高いクラウドのモデルが正しければ、AWSは2018年までに50億ドルのフリーキャッシュフローを生み出すようになると予想されている。この金額はOppenheimerの従来の予想である32億ドルよりもはるかに大きい。

 OppenheimerはAWSの売り上げを2023年まで予想しているが、その結果は驚くべきものだ。同社はAWSの2016年の売り上げを120億ドルと予想しており、2017年は168億1000万ドルになるとしている。2018年の売り上げは222億ドルになり、その2年後の2020年には332億9000万ドルまで膨れ上がる。2023年には、AWSの売り上げは575億ドルに達するという。

 AWSに弾み車効果が及ぶという考え方は、必ずしも新しいものではない。EvercoreのアナリストKen Sena氏は、最近のGoogleのクラウド投資を評価しているが、最終的にAWSのリードは大きすぎて揺るがないと結論している。同氏は次のように述べている。

 過去2年間だけを見ると、Amazonの投資水準と地理的な規模は、少なく見積もっても当社が行ったGoogleに対する評価の5倍近くあり、他のプロバイダーと比較すると差はそれ以上に大きくなる。それに加え、現状では、Amazonの市場シェア、能力、および地理的規模におけるリードが、弾み車効果を生んでいる。コンピューティングなどのAWSの中核的機能を導入した企業や開発会社は、いずれ「Redshift」(データウェアハウスサービス)、「QuickSight」(ビジネスアナリティクス)、「Lambda」や「Elastic Beanstalk」などの新しいサービスも利用し始め、AWSを単なるインフラサービスではなく、フルサービスのPaaSとして利用するようになるだろう。同様に、AmazonはAWSに多くのマネージドサービスパートナーを呼び込んでいることから、同社の製品を取り巻くエコシステムは不可避的に強力になっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]