編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
PTC LiveWorx

成功するARと自爆するAR--導入企業が指南 - (page 3)

鈴木恭子

2016-06-13 07:30

壮大な計画は破綻する

 一方、“禁じ手”としてパネリスト全員が指摘したのは、「最初に壮大な青写真を描き、一気に導入しようとすること」だ。Campbell氏は「ARに対する期待値を適切に設定すること。例えば、大学のキャンパスすべてをARにするといった計画は無理だ。『ARの可能性は無限』と『何でもAR化できる』はまったく違う」と警鐘を鳴らす。

米PTC Vuforia担当 シニアバイスプレジデントを務めるJay Wright氏
米PTC Vuforia担当 シニアバイスプレジデントを務めるJay Wright氏

 米PTCでVuforia担当 シニアバイスプレジデントを務めるJay Wright氏も、「(予算などの制限を考慮し)どこまでやれるのかを明確にすること。ステップ バイ ステップで製品を導入し、様子を見ながら進めていくことが成功の秘訣」と述べた。

 企業のAR導入で課題となるのが、ROI(投資利益率)の算出である。導入企業が少ないがゆえに、「どの分野にどのぐらい投資すればよいか」を悩んでいる企業も多いという。Hand氏は自社の例として、「教育時間/コストの低減」「遠隔地のメンテナンスに要する交通費や移動時間の削減」「テクニカルナレッジの水平展開」を挙げる。

 「例えば、遠隔地の機器で部品交換が必要な場合を想定してほしい。遠隔地から、どの部分が、どんな故障をしているのか判断することは困難だ。画像をやり取りしても判別しないことはある。こうしたケースでは、間違った部品を持っていってしまうことも少なくない。ケアレスミスをなくせるだけでもコストは削減できる」(Hand氏)

 もう1つの関心事は、ウエアラブルデバイスとARの組合せだ。Vuforia Studio EnterpriseはiPadなどのデバイスで表示できるが、一般的なウエアラブルデバイスには“まだ”対応していない。この点についてWring氏は、「PTCではARやVR(仮想現実)のハードウエアに対して投資している。ウエアラブルデバイスは評価段階であり、今後開発が進むと期待している」との見解を示す。

 Hand氏も「ウエアラブルデバイスは開発段階。機能はともかく、その形状が普通のメガネのようにならないと普及は難しい」とした上で、「タブレットは手で操作しなければならないが、ウエアラブルデバイスは両手が空く。このアドバンテージは大きい」と語る。Hollstrom氏は、「ウエアラブルデバイスはROIで見れば実験段階だ。将来的な価値を理解して投資している」と述べた。

会場にはウエアラブルデバイスを利用したARソリューションも多く展示されていた。両手が自由になるアドバンテージはあるものの、その形状には開発の余地がありそうだ(写真提供:PTC)
会場にはウエアラブルデバイスを利用したARソリューションも多く展示されていた。両手が自由になるアドバンテージはあるものの、その形状には開発の余地がありそうだ(写真提供:PTC)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]