編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
海外コメンタリー

Hadoop生みの親が語るビッグデータの未来、インメモリやクラウド技術の進展

Nick Heath (TechRepublic) 村上雅章 野崎裕子

2016-06-15 06:00

 Hadoopの生みの親であり、現在はClouderaのチーフアーキテクトを務めているDoug Cutting氏がインメモリ技術や、クラウド関連の技術について語ってくれた。これらの技術によって、Hadoopはもうすぐ、ビッグデータからより多くの価値を引き出せるようになるという。

 Cutting氏がHadoopというフレームワークを生み出した10年前には、大規模コンピューティングがこれほどまでに企業分野に浸透するとは同氏自身、予想だにしていなかった。

TechRepublic Japan関連記事

 同氏は「Strata and Hadoop World」カンファレンスにおいて、「私が予想していたのは、これまで目にしてきているものよりも、ずっと控えめなものだった」と語った。

 今日、Hadoopは多くの有名企業で利用されている。例を挙げると、Facebookでは毎月16億人以上のユーザーのトラフィックを分析するために利用されており、Visaでは総額で数十億ドルにのぼる不正利用の検出に役立てられている。

 Hadoopの魅力は、ビッグデータの処理をより安価にするとともに、ある種の観点から見てよりシンプルにするというそのアプローチにある。同プラットフォームは、コモディティサーバをノードとするクラスタ上に大規模データセットを分散させることで、並列処理を可能にする複数のテクノロジを提供しているのだ。

 とは言うものの、このプラットフォームでできることにはまだ限界がある。現在のところ、Hadoopクラスタによる大規模データセットの処理速度は、2次ストレージ(SSDや、さらに低速なハードディスク)と、コンピュータのメモリやCPUとの間でデータがやり取りされる速度によって制限されている。

 このようなI/Oのボトルネックが生じるのは、プロセッサの処理速度や効率の伸び率がストレージの読み書き速度の伸び率を上回っているためだ。

ペタバイト規模のデータをメモリに

 しかし今や、ストレージテクノロジに大きな変化が訪れようとしており、それはCutting氏によると、処理速度の面でビッグデータにはめられていた足かせを解き放つものになるという。

 Intelは、「3D XPoint」テクノロジを採用したストレージチップを2016年中にリリースする計画だ。このチップのデータ読み込み速度は、SSD製品で一般的に使用されているNAND型フラッシュメモリの1000倍であり、記録密度は現在メモリとして一般的に使用されているDRAMの10倍となっている。

Hadoop生みの親Doug Cutting氏
「ペタバイト規模のデータをメモリ上に配置でき、どのノードからでも数サイクル以内にアクセスできるようになれば、パフォーマンスは数段階の向上を遂げることになる」(Doug Cutting氏)
提供:Cloudera

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]