編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ヴイエムウェア、エンドポイントを素早く可視化する「VMware TrustPoint」などを発表

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-06-15 12:57

 VMwareは米国時間6月13日、セキュリティに関する大きな発表を3つ行った。1つ目は「VMware TrustPoint」という統合型の新たなエンドポイントソリューションの発表であり、2つ目は「VMware Workspace ONE」に対する新たな管理機能に関する発表、そして3つ目はクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)の大手5社が「Mobile Security Alliance」(MSA)に加入したという発表だ。

 VMware TrustPointは、エンドポイントセキュリティプラットフォームのプロバイダーであるTaniumの持つ技術と、VMwareのレイヤ化されたOSマイグレーション技術を戦略的に組み合わせた成果と言える。同製品の発表を伝えるプレスリリースには、「グローバルネットワークをまたがったあらゆるエンドポイントにおける可視性と統制を15秒以内にもたらすとともに、次世代の脅威検出と対応、エンドポイントとアプリケーションの管理、『Windows』イメージの自動マイグレーションと管理を実現する」と記されている。

 このような可視性を実現するために、VMware TrustPointはリニアチェーン(Linear-Chaining)アーキテクチャと呼ばれる特許技術を活用している。ユーザーは自然言語での検索によって、自社のコンピューティング環境に関する正確かつ完全な情報を得ることができる。TaniumのCurt Aubley氏は、企業における例として、「現在何台のコンピュータが自社の環境上に存在し、それらのIPアドレスはどうなっている?」という質問を挙げた。こういった場合、45万台以上の環境でも数秒以内にパッチの状況やウイルス対策ソフトの状況が表示されるという。

 管理されていないデバイスが検出された場合、何らかの対策を実施するまで該当デバイスを環境から切り離すこともできる。また、複数のマシンに対する処理を自動化/管理すれば、「Windows 10」の迅速な配備も可能になる。

 VMware TrustPointは既に米国で提供が開始されており、その他の地域でも2016年中に利用可能になる予定だ。なお、永続ライセンスは1デバイスあたり75ドルとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]