グーグル、欧州に新たな機械学習研究グループを設置

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年06月17日 10時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは欧州に、機械学習に関する課題の研究を専門とする、新しい研究グループを作った。

 この研究グループの名称は「Google Research, Europe」で、同社のチューリッヒオフィスに設置される。

 Googleは米国時間6月16日に公開したブログ記事によれば、同グループは欧州の機械学習を専門とするソフトウェアエンジニアや研究者に対し、研究を進めると同時にGoogleの製品を開発する機会を提供する。

TechRepublic Japan関連記事

 Googleの最高経営責任者(CEO)Sundar Pichai氏は4月、将来デバイスが完全になくなり、あらゆる場所にある人工知能がそれに取って代わる世界が来ることを同氏は予想しており、同社のAIに対する投資は、そのような世界に向けた備えだと発言している。

 この新しい研究グループは、Pichai氏のビジョンと足並みをそろえるように、機械知能、自然言語の処理および理解、機械知覚をテーマとしている。

 Google Research, Europeの責任者であるEmmanuel Mogenet氏は、「これらの領域を追求するため、この研究チームは積極的に機械学習インフラを改善する研究を進め、学術コミュニティの研究を幅広く後押しし、研究の成果を実用に供することを可能にする」と述べている。

 Mogenet氏によれば、チューリッヒはGoogleが米国外に持っている最大のエンジニアリングオフィスの拠点で、「Knowledge Graph」のエンジンや、同社の新アプリ「Allo」の「Google Assistant」で使用されている会話エンジンなどの開発を担当している。

 新しく設置されるグループは、Googleとこの地域の大学に所属する計算機科学研究者との連携や、それらの研究者の雇用も進める。ただし、Googleが雇用する研究者の人数は明らかになっていない。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算