編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

C3 IoT、AWSとの提携を強化--IoTとクラウドの統合で

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-20 10:44

 企業向けのIoTプラットフォームを手がけるC3 IoTは米国時間6月16日、Amazon Web Services(AWS)との提携を強化し、IoTの配備を念頭に置いたエンタープライズ向けの統合スタックを構築していくと発表した。


 Thomas Siebel氏が会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるC3 IoTはエネルギー関連分野で一連の大規模配備を手がけてきており、新たな垂直業界に向けた展開を進めているところだ。同社の顧客にはEndesaやEnel、Pellaをはじめとする、公共分野の組織や企業が20社以上名を連ねている。C3 IoTは、こうした顧客における機械学習配備において、たいていの場合AWSのクラウドを採用してきている。

 こうして既に緊密なパートナーシップを築いてきたC3 IoTとAWSは今回、C3 IoTはAWSのアドバンスドテクノロジーパートナーとなり、「C3 IoT Platform」が「AWS IoT」と完全に統合されることになった。AWS IoTは、センサやネットワークの状態の追跡を目的として設計されたマネージド型のクラウドサービスだ。またC3 IoTによるとC3 IoT Platformは、「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」とも統合され、クラスタの自動スケーリング機能や価格の最適化機能を提供するという。

 C3 IoTはこれまでも不正利用の検知から、予知保全、ネットワークの健全性のチェックに至るまでのさまざまなSaaS IoTアプリケーションを提供してきた。

 IoTの普及が進むなか、両社の提携強化の今後は興味深い。C3 IoTは多くのケースでGeneral Electric(GE)の「Predix」と競合することになる。GEはCisco SystemsやIntel、Verizonといった企業と提携を結んでいる。またGEはAWSやPivotalとも提携している。一方、CiscoとIBMもIoTの配備で提携している。

 Siebel氏は最近のインタビューで、C3 IoTは市場シェアの獲得に注力していくと語っている。同氏は自らが創業したCRM企業Siebel Systemsや、Oracleで行ったように、大企業に直接アプローチする計画だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]