編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら
日本株展望

EU残留派が離脱派を再び上回る--英世論調査 - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2016-06-20 11:36

反発しても、日経平均の上値は当面重い

 日経平均の動きに一番影響を与えているのは為替だ。先週は、(1)米利上げなし、(2)日銀追加緩和なしに加えて、(3)英国のEU離脱が決まる可能性が高いというムードの中で、一時1ドル103円台まで円高が進んだ。

 英国で16日、残留派の女性議員が殺害される事件が起きてから、17日には、英ポンドが上昇し、1ドル104円台に円安が進んだ。この時点で、英国のEU離脱のリスクが低下したことを、すでに織り込み始めていたといえる。

 20日、どこまでドル円が円安に戻るか注目される。米利上げなし、日銀追加緩和なしの事実は変わらないので、英国のEU離脱リスクがやや低下しただけでは大幅な円安には戻らないかもしれない。そうなると、日経平均はいったん反発しても、その後、上値が重くなる可能性がある。

6月20日週の最大の注目は、6月23日(木)の英国民投票が出る6月24日(金)

 開票状況が、日本時間で24日(金)に出てくると考えられる。24日(金)の東京時間で、英国民投票の大勢が判明すれば、それに反応して株・為替が大きく動く可能性もあり、注目される。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]