編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
調査

国内企業ITインフラ市場、2015年の出荷額は前年比8.5%増の7502億5200万円

NO BUDGET

2016-06-20 11:29

 IDC Japanは6月15日、2015年の国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場の実績を発表した。出荷額は前年比8.5%増の7502億5200万円となった。

 IDCでは、ITインフラの構成要素のうち、サーバ、ストレージシステム、イーサネットスイッチの各コンポーネントを包含したものをエンタープライズITインフラ市場と定義している。また、トラディショナルITインフラ市場とクラウドITインフラ市場に細分化して集計している。

 コンポーネント別に出荷額を見ると、サーバが市場全体の67.6%にあたる5069億6000万円、ストレージが26.4%にあたる1977億3800万円、イーサネットスイッチが6.1%の455億5400万円。全てのコンポーネントが前年比プラス成長となっており、特にイーサネットスイッチでは前年比25.2%増の高成長を達成した。同社では、第1、第2のプラットフォームから、第3のプラットフォームへのシフトが進展する中、ソーシャル/モビリティの活用やIoT(モノのインターネット)への取り組みによって、個人、企業、クラウドサービスプロバイダーなどの間において、ネットワークを介したデータのやりとりが加速度的に増加していることが背景にあるとしている。

国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場 ベンダー別出荷額シェア、2015年
国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場 ベンダー別出荷額シェア、2015年

 一方、ベンダー別出荷額シェアを見ると、1位が富士通、2位がNEC、3位がHP Enterprise(HPE)、次いで日立製作所、IBM、デル、シスコシステムズの順となった。前述のとおり国内エンタープライズITインフラ市場における出荷額の7割弱をサーバが占めているため、サーバ市場においてシェアの大きいベンダーが、本市場においても上位にランクインした形だ。

 また、2015年の国内エンタープライズITインフラ市場では、トラディショナルITインフラからクラウドITインフラへのシフトが加速している。クラウドITインフラの出荷額は、前年比80.4%増の1171億3000万円でした。国内エンタープライズITインフラ市場での構成比は、前年から6.2ポイント上昇して15.6%となった。

 IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ グループマネージャーの福冨里志氏は、以下のように分析している。「国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場の参加者、つまりハードウェアベンダーにとっては、トラディショナルITインフラストラクチャ事業においてシェアを落とさず、いかにクラウドITインフラストラクチャ事業を伸ばすかが、継続的に利益を確保する上で鍵になる」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]