編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

「Azure仮想マシンの3分の1にLinux」:MS、クラウドでのコンテナ管理最新技術など披露

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-22 11:49

 Microsoftが自ら認める「Linux愛」は同社のクラウド戦略に貢献しているようだ。

 MicrosoftのAzure担当最高技術責任者(CTO)Mark Russinovich氏は米国時間6月21日、シアトルで開催された「DockerCon 2016」で、Microsoftが自社クラウドとサーバ製品でコンテナ技術のサポートを拡充するにあたっての最新技術や次期技術の一部を披露した。Russinovich氏はまた、興味深いデータも明かした。

 Russinovich氏によると、この1年でAzure仮想マシン上でLinuxを動かす例が4台に1台から約3台に1台に増えたという。残り3分の2では、「Windows Server」が動いているとのことだ。

TechRepublic Japan関連記事

 Russinovich氏は、同社が以前約束していた「Azure Container Service(ACS)」でのWindows Serverのサポートも披露した。ACSは2016年4月に一般提供を開始しているが、現時点で対応しているのはLinuxコンテナのみだ。Windows Serverのサポートも実現するとMicrosoftは述べていた

 ACSを利用することで、開発者は「Apache Mesos」「Docker Swarm」を使ってアプリケーションのオーケストレーションを行うことができる。また、コードを変更することなくコンテナワークロードをAzure間でマイグレーションできるという。

 さらにRussinovich氏は、Dockerコンテナで稼働するLinuxで動く「SQL Server」のプレビュー版も披露した(正確には、Azure上の「Docker Datacenter」上に構築したDocker Swarm上のUbuntuで動くSQL Serverとなる)。Linux向けSQL Serverは現在プライベートプレビューであり、2017年に一般公開を予定している。

 Russinovich氏はまた、「Azure Marketplace」でDocker Datacenterを利用できるようになったと発表した。さらに、Docker Datacenterを使って、Azureそしてオンプレミスの「Azure Stack」(これは初となる)で動くハイブリッドのコンテナベースのアプリケーションを管理する様子も見せた。

 Azure Stackは、MicrosoftのクラウドOSを自社データセンターで動かしたい顧客とパートナー向けにMicrosoftのAzureインターフェースと「体験」を実装するものとなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]