編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

「Fedora 24」がリリース--クラウド向け機能が充実 - (page 2)

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-06-23 12:23

Fedora 24 Workstation

 Fedoraの最新のデスクトップでは、パッケージやコンポーネントに数多く変更が加えられている。もっとも興味深いのは「GNOME 3.20」(Delhi)のプレビュー版が追加されたことだろう。筆者は特にGNOME 3が好きなわけではないが、この最新版は気になっている。

 もちろん、必ずしもGNOMEを使う必要はない。Fedoraには、ほかにも公式に5つのデスクトップが同梱されており、これには「KDE Plasma 5」、「MATE 1.14」、「Xfce 4.12」、「LXDE 0.99.1」、そして(筆者の個人的なお気に入りである)「Cinnamon 2.6」が含まれている。

 また、次世代Xディスプレイサーバである「Wayland」のテクノロジプレビューも付属している。ただし、残念だが、Waylandはまだ十分に成熟しているとは言えないようだ。Fedoraの開発者は、まだFedoraの今後のバージョンで、Waylandをデフォルトグラフィックサーバとして実装する計画のようだが、筆者はあまり期待していない。

 また例のごとく、最新の「Fedora Workstation」には、よく使われるデスクトップ用ソフトウェアの最新バージョンが組み込まれている。例えば、オフィスソフトウェアの「LibreOffice 5.1.4]や、写真エディタの「Shotwell 0.23.1」、ウェブブラウザの「Firefox 47」などがこれに含まれる。

Fedora 24 Server

 Linuxがクラウドの方向に向かっていることを反映してか、新バージョンのFedora 24 Serverに追加された新機能はあまり多くない。最も重要なのは、「rolekit」をうまく使用することで、サーバロールの設定が簡単にできるようになったことだろう。

 もう1つの嬉しい新機能は、オープンソースの優れたID管理ソフトウェアである「FreeIPA 4.3」だろう。このバージョンでは、ドメインコントローラが改善され、レプリカのインストール、セグメントの作成、レプリカトポロジの可視化などを合理化することができる。また、不必要なパッケージが削除されたことで、Fedora Serverの全体的なサイズも小さくなった。

 FedoraのプロジェクトリーダーであるMatthew Miller氏は、この最新バージョンについて次のようにまとめている。「Fedora 24は、これまでと同じように、最新の強力なオープンソースのツールやコンポーネントをさまざまなエンドユーザー、開発者、システム管理者にお届けしている。また、Fedora 24 CloudにOpenShift Originが追加されたことで、FedoraユーザーはLinuxコンテナの最新のイノベーションを、開発だけでなく配備やオーケストレーションの場面でも利用できるようになった」(Miller氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]