編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

プロジェクト管理のキャリアを台無しにする6つの失敗

Moira Alexander (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-06-27 06:00

 プロジェクトマネージャー(PM)がやってはならないのはどんなことかと聞かれたら、多くの人がプロジェクト管理のテクニカルな面について思い浮かべるだろう。具体的には、スコープや予算、スケジュールを守ることや、品質上の条件を守ることを挙げる人が多いのではないだろうか。

 しかし、意識的かどうかは別にして、他にもそれらと同じくらいの(あるいはさらに深刻な)悪影響を、プロジェクトやチームメンバー、利害関係者などに与え、自分のPMとしてのキャリアを危うくする失敗がいくつもある。この記事では、そのようなPMが避けるべき失敗をいくつか挙げてみよう。

1.計画が不十分

 どんな仕事でも、計画立案はあまり面白い作業とは言えない。実際、計画立案はつまらない仕事になりがちなのだが、プロジェクト管理の仕事をする以上、この作業は避けて通れない。すべての領域で十分な計画を立てない限り、必ずプロジェクトのすべての関係者に不満が出てくる。計画が不十分だと、締め切りに間に合わない、予算をオーバーする、プロジェクトのスコープを逸脱する、十分な成果物を用意できない、プロジェクトの本来の目的を達成できないといった、致命的な事態も起こりかねない。

 適切な計画を立案しようとすると、最初の段階では時間がかかるかもしれないが、最終的には時間や労力やリソースの大幅な節約につながり、後半のプロジェクトフェーズで不必要な手戻りが発生することも避けられる。これはまた、利害関係者の期待に応え、最終的にプロジェクトが成功する可能性も高める。もし十分な計画を立てることに失敗すれば、利害関係者があなたを再びPMに雇うことはないだろう。

2.排他的な態度を取る

 多くの場合プロジェクトの成功は、設定された目標に向けて、プロジェクトチームがどれだけ効果的に協力できるかに依存する。プロジェクトチームの強さはメンバーの取り組み次第だが、チームの文化はPMから大きく影響を受ける場合がある。

 PMが何らかの形で排他的な態度を取ると、話し言葉や書き言葉によるものか、行動によるものかを問わず、不信と敵意にみちたチーム文化を生み出し、次第にリスク要因になる。また、それが原因でチームやPMから孤立してしまったメンバーは、それ以降そのPMのプロジェクトに参加することを拒否するかもしれない。

3.自分は何でも知っているという態度を取る

 PMには大きな影響力と責任があるが、このことで自分は何でも分かっていると誤解してしまうと、問題が生じる場合がある。PMは一般に広い知識とスキルを持っているが、成長や学習の余地は常にあるし、失敗する可能性もある。

 新しいプロジェクトを率いようとするとき、PMは他のプロジェクトで培った経験を持ち込むが、これは新しいプロジェクトの助けになることもあれば、妨げになることもある。重要なのは、プロジェクトや企業、業界、製品、サービス、文化などが新しくなれば、過去の経験の一部が役に立たない場合もあることを認識することだ。PMがそれを認めようとしない場合、知ったかぶりをしているように見られ、悪く受け取られる可能性がある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]