編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Docker、法人向けのソフトウェアマーケットプレイス「Docker Store」を発表

ZDNet Japan Staff

2016-06-23 11:01

 Dockerは米国時間6月21日、「Docker化」されたソフトウェアのマーケットプレイス「Docker Store」をプライベートベータとして発表した。Dockerのパートナー企業らがソフトウェアをDockerイメージで公開し、企業ユーザーがこれを容易にデプロイできるというもので、エコシステム戦略の一部となる。

TechRepublic Japan関連記事

 Dockerによると、Docker Storeは公式のイメージ上に構築したもので、ISVが信頼できるエンタープライズ対応コンテンツを公開するための拡張性があるセルフサービスシステムを目指すという。Dockerが検証したコンテンツのみを集め、容易に検索と実装ができるほか、信頼性やセキュリティのための対策として、セキュリティプロファイルなどの情報も公開する。

 セキュリティスキャン、コンポーネントの在庫、オープンソースライセンス、イメージ構築におけるベストプラクティスなど、ソフトウェアの品質を認定するプロセスを公開しており、法人ユーザーはコンプライアンスを遵守し、商用サポートのあるソフトウェアを入手できる。

 無料でオープンソースのソフトウェアもあれば、商用ソフトウェアもある。初期ベータリリースに参加する企業やグループとして、GitLab、Puppet Labs、Couchbase、Neo4j、Splunk、Hewlett Packard Enterprise、Trend Microなど多数が名を連ねている。

 Dockerによると、Docker化アプリが2年で3000%増加するなど、ここ数年でDocker化されたコンテンツは急増しているという。企業におけるDockerの利用が拡大しており、さらなるコンテンツ、セキュリティプロファイルとコンプライアンスの可視化などのニーズにつながっているとしている。

 まずはプライベートベータとしての運用となり、参加希望者はDocker Storeのサイトで登録できる。

 Dockerは2014年に「Docker Hub」を発表しているが、Docker Storeは法人向けと位置付けられそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]