編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

インテル、サイバーセキュリティ事業の売却を検討か

ZDNet Japan Staff

2016-06-27 10:24

 Intelがサイバーセキュリティ事業の売却を検討しているという。成立すれば、大型取引になると英Financial Times(FT)などが報じている。Intelは4月にリストラを発表しており、立て直しの一環と見ることができそうだ。

 Intelのセキュリティ事業Intel Securityは、同社が2011年に約77億ドルで買収したMcAfeeを土台としたもの。データ保護、エンドポイント保護、ネットワーク保護、セキュリティ管理などの分野で製品を展開している。McAfeeブランドは2014年に廃止している。

 最初に報じたFTの報道(現地時間6月26日付)によると、IntelはIntel Securityの売却について金融機関と話を進めているという。プライベートエクイティ業界は、高いキャッシュフローが見込まれることからサイバーセキュリティに高い関心を示しているとのことで、Symantecが6月に買収を発表したBlue Coat Systemsについても、売却したプライベートエクイティファンドのBain Capitalは、1年前に取得した金額の約2倍で売却したとFTは報じている。Intel Securityについては、成立すればこの分野で最大級の取引になる見込みだという。

 IntelはPC市場の減速などにより事業再編を進めているところで、4月には2016年第1四半期(1-3月期)の業績発表と合わせて全社員の11%に当たる1万2000人規模の人員削減計画を発表していた。同四半期、売上高は前年同期比7%増の137億200万ドル、事業部別ではPCなどのクライアントコンピューティングが同1%増の75 億4900万ドル、データセンターが同8%増、IoTが同22%増だった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]