スケールアウトとQoSがクラウド向けストレージの要--ネットアップ

日川佳三 2016年06月28日 07時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「クラウド事業者は現在、クラウドサービスを差異化する要因として、可用性だけでなく性能のSLA(Service Level Agreement)に目が向いている。メニューに応じて、ストレージ性能をSLAで担保できるようになってきた」。

 ネットアップのソリッドファイアー事業部は6月24日、米NetAppが2月に買収した米SolidFireのストレージ製品「NetApp SolidFire」について会見し、製品の特徴や最新動向を解説した。

NetApp SolidFireの外観
NetApp SolidFireの外観

 NetApp SolidFireは、x86系CPUやSAS接続SSD(Solid State Drive)といった汎用のPCサーバを用いつつ、ソフトウェアによって高機能化を図ったSAN(iSCSI)接続のオールフラッシュストレージだ。スケールアウト、ボリューム単位のQoS(Quality of Service)、クラウド運用ソフトとの親和性(REST API)、インライン重複排除などの特徴を持つ。

 スケールアウトについては、1Uラックマウント大のストレージノード(SSD×10台搭載)を最小4台から最大100台まで増設し、容量と性能をリニアに拡張できる。こうして共有ストレージプールを形成する。ここから、テナントやアプリケーションに対してストレージボリュームを切り出す。ボリューム単位で、容量と最低保証性能(I/O毎秒)を指定できる。

台数を増やすスケールアウトによって容量と性能を拡張できる。ノードの増設時や切り離し時にはデータをノード間で移動させて負荷を均質化する
台数を増やすスケールアウトによって容量と性能を拡張できる。ノードの増設時や切り離し時にはデータをノード間で移動させて負荷を均質化する

 こうした特徴を備えることから、主にクラウド事業者がNetApp SolidFireを使っているという。クラウド事業の拡大に合わせて、PCサーバだけでなくストレージも増強できる上に、クラウド事業で必要になるストレージ性能のSLAを実現できるからだ。SLAを松竹梅のようにティアリング(階層化)すれば、用途に合わせてストレージメニューのラインアップを構成できる。

 クラウド運用ソフトによる運用の自動化が図れるように、ウェブAPI(REST API)を介して運用できるようにしている。ストレージの初期設定を含め、あらゆる設定をREST APIで行える。これにより、ストレージの動的なプロビジョニングや動的な切り離し、個々のボリュームの作成とQoSの設定といった運用作業を自動化できる。

6月にはOS新版でVMware VVolに対応

 6月6日には、ストレージOSも最新版「NetApp SolidFire Element OS 9」に更新した。OS新版のハイライトは、米VMwareの標準APIで、VM(仮想マシン)単位でストレージボリュームを使い分けられるようにする「VMware vSphere Virtual Volumes」(VVol)に対応した。VVolを介してVMごとにボリュームを作成し、それぞれのVMが必要とするQoSを設定できるようにした。

 ストレージOSの刷新に合わせて、ストレージの最新モデル「SF19210」も発表した。モデル名の19210は、1.92TバイトのSSD(10個)を搭載し、10万I/O毎秒の性能を持つことを意味している。従来モデルの「2405」(240Gバイト×10、5万I/O毎秒)、「4805」(480Gバイト×10、5万I/O毎秒)、「9605」(960Gバイト×10、5万I/O毎秒)と比べて、容量と性能をそれぞれ高めたハイエンドモデルに位置する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算