さとうなおきの「週刊Azureなう」

【Azureなう 6/28号】DockerCon 2016でのアップデートを一挙解説! - (page 2)

佐藤直生

2016-06-28 07:00

Text Analytics APIキーフレーズ抽出機能が日本語サポート

 現在プレビューとして提供されているMicrosoft Cognitive Servicesは、内部で機械学習を活用したインテリジェントな多数のAPIを提供しており、画像、動画、音声、言語処理、ナレッジ、検索といった幅広い分野をカバーしています。

 言語処理関連では、現時点で日本語がサポートされていないAPIも少なからずありますが、順次対応が進められています。今回のアップデートでは、Cognitive ServicesのText Analytics API(テキスト分析API)のキーフレーズ抽出機能で、新たに日本語がサポートされました。次の画面では、Text Analytics APIのデモで、(日本語にも対応済みの)言語検出機能とキーフレーズ抽出機能の動作を確認しています。


Text Analytics APIのキーフレーズ抽出機能が日本語対応

 Cognitive ServicesのAPIは単純なREST APIなので、ほぼすべてのアプリケーションから呼び出すことができますし、Microsoft Bot Framework と組み合わせて、チャットボット開発に活用するのも面白いと思います。Text Analytics API以外にも多数のAPIがあるので、是非チェックして使ってみてください。

DocumentDBの複数リージョンレプリケーション機能

 Azure DocumentDBは、JSONドキュメントを格納できるドキュメントデータベースサービスです。

 これまで、DocumentDBは特定のAzureリージョン(例えば、西日本リージョン)内で動作していたため、リージョン全体に問題が発生した場合などのDR(災害復旧)に懸念がありました。3月の「Build 2016」で発表し、今回GA(一般提供)となった複数リージョンレプリケーション機能を使うと、読み書き可能な1つのプライマリリージョンと、読み取り専用の複数のセカンダリリージョンを指定できるようになります。書き込みはプライマリから複数のセカンダリにレプリケーションされます。各言語向けのSDKやREST APIで新しいマルチホーミングAPIを使うことで、リージョン内のDocumentDBの障害時に、透過的に別リージョンにフェイルオーバーできます。

 読み書き可能なプライマリリージョンから読み取り専用のセカンダリリージョンへのレプリケーションという構成は、Azure SQL Databaseのアクティブ地理レプリケーション機能や、Azure StorageのRA-GRS(読み取りアクセス地理冗長ストレージ)機能でも採用されている、Azureユーザーにはお馴染みの機能ですね。

 DocumentDBの複数リージョンレプリケーション機能のドキュメントは、こちらだけしかなく、今後の整備が待たれる状況なので、簡単に利用手順を説明しましょう。

  1. Azureポータルの「新規」をクリックし、検索ボックスで「DocumentDB」を検索するなどして、「DocumentDB - Multi-Region Database Account」を選択します(ポータルのUIが日本語でエラーとなった場合には、UIを英語にしてお試しください)。
  2. 次に、プライマリリージョンを指定して、複数リージョンデータベースアカウントを作成します。
  3. 作成後は、セカンダリリージョンの追加/削除や、書き込みリージョンの優先順位(読み書き可能なプライマリリージョンの障害時にどの順番で書き込み処理をフェイルオーバーするか)の設定が可能です。

 次の画面では、西日本リージョンをプライマリリージョンとしてアカウントを作成後、3つのセカンダリリージョンを追加しています。


DocumentDBの複数リージョンレプリケーション機能。西日本リージョンをプライマリリージョン指定したのちに、3つのセカンダリリージョンを追加した様子

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]