さとうなおきの「週刊Azureなう」

【Azureなう 6/28号】DockerCon 2016でのアップデートを一挙解説! - (page 3)

佐藤直生

2016-06-28 07:00

Azure Information Protectionを発表

 新しいサービス「Azure Information Protection」を発表しました(ブログポスト関連記事)。

 これは、既存のAzure Rights Management(Azure RMS)と、2015年11月にMicrosoftが買収したSecure Islandsが持っていた情報保護テクノロジを組み合わせて構築したものです。以下のような機能、特徴があります。

  • データの作成/修正時の、データの分類、ラベル付け、保護
  • データの移動に伴う永続的なデータの保護
  • ユーザーが正しい判断を行い生産性の失わないようにする単純で直感的な制御
  • 共有データの可視化と制御
  • デプロイと管理の柔軟性

 Azure Information Protectionは、7月にパブリックプレビュー、年内にGA(一般提供)の予定です。Azure RMSやEnterprise Mobility Suite をお使いのユーザーには、さらなる付加価値が提供されていくので、今後の情報のアップデートにご期待ください。

災害復旧と高可用性のガイダンス

 前回は「回復性 技術ガイダンス」ドキュメントのアップデートについて解説しましたが、今回は、DR(災害復旧)、HA(高可用性)に関するガイダンスのアップデートを紹介します。

 1つのAzureリージョン内のアプリケーションに対する一時的な障害に対応するためのHAや耐障害性、Azureリージョン全体のダウンといったアプリケーション機能の致命的な損失に対応するためのDRについてのさまざまなトピックを取り上げているので、是非お読みいただいて、Azure上のアプリケーションのHA、DRの設計にお役立てください。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]