オープンソースアプリケーション急増で対策を呼び掛ける--米ブラックダック

末岡洋子 怒賀新也 (編集部) 2016年06月30日 15時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アプリケーション開発はこの20年で様変わりしており、とりわけスピードへの要求が強くなった。高速化を支えているのは、多種多様なオープンソースプロジェクトだ。

 だが、オープンソースソフトウェアの利用はライセンスなどの法律面、セキュリティ面での課題もある。オープンソース利用管理ソリューションを提供するBlack Duck Softwareの最高マーケティング責任者(CMO)、Bob Canaway氏に話を聞いた。

--企業にとってのオープンソース利用トレンドは?

Black Duck Softwareの最高マーケティング責任者(CMO)、Bob Canaway氏
Black Duck Softwareの最高マーケティング責任者(CMO)、Bob Canaway氏

 アプリケーションの重要度が高まり、開発からロールアウトまで短時間で実施することが求められている。そこで、(カスタム開発に対して)オープンソースコンポーネントを使ってアプリケーションを構築するという手法を採るところが増えている。

 1998年は約90%がカスタム開発で、残りが商用のソフトウェアパッケージだったのに対し、現在はカスタム開発は約10%に減り、代わってオープンソースソフトウェアが多くを占めるようになった。

 一方で、リスク回避のために管理とセキュリティの要件につながっている。2014年以来、検出されたオープンソースの脆弱性は6000件以上に上る。

--具体的にはどのような要件となるのか?

 オープンソースの特定が問題になっている。企業の多くが、開発者が自主的にExcelに記入するなど、マニュアルで(オープンソースの利用を)申告してもらっており、これではオープンソースがきちんと管理できない。

 この状況は潜在的リスクを招いている。リスクにはいくつかの種類があるが、まずはIP(知的所有権)のリスクがある、すなわち、企業のビジネスモデルと合致しないライセンスがあるというリスクだ。

 次に、セキュリティリスクがある。オープンソース技術にも脆弱性があるが、開発者はコードに脆弱性があることを知らないことがよくある。セキュリティリスクで注意しなければならないのは、一過性のイベントではなく、アプリケーションが存在する限り、継続的に新しい脆弱性が発見されるという点だ。だが、現在の方法ではこれに対応できない。

 Black Duckの技術を導入することで、開発者が報告していないオープンソースのコンポーネントをみつけることができる。

--セキュリティ問題はサイバー攻撃、ネットワーク、モバイル、データセンターに入ってからなどいろいろあるが、最も注目しているのは?

 セキュリティ脅威の全体のランドスケープを「Attack Surface」と呼んでいるが、この一年で大きく変わった。

 2000年頃、アプリケーションはローカルにあり、ネットワークは固定網だけで、通常はIT部門がアプリケーションをインストールしていた。アプリケーションは壁の中にあり、ここでの脅威は、ネットワーク経由で脅威が外部から壁に入ってくること、あるいは購入したアプリケーションにウイルスがあるかもしれないというものだった。攻撃の中心は、スパイなどを目的とした一匹狼によるものだった。

 今日、アプリケーションはネットワークに移動し、アプリケーションそのものがネットワークになったといってもいいほどだ。攻撃者が情報を得るためにシステムに入るアクセス権を獲得し、そこから攻撃を仕掛けるようになった。

 台頭しているトレンドとして、大規模なブラックマーケットビジネスが生まれており、国が別の国を攻撃したり、組織的な犯罪が金銭を目的に行うなどが発生している。

 ウェブアプリケーション、モバイルアプリなどアプリケーションが開発される方法が変わっており、共通の開発者のミスを狙っている。対策として、ウェブアプリなら「SQLインジェクション」がないかどうかを調べるツールがあるが、だいたいの場合は静的な解析ツールだ。これらのツールを利用してアプリケーションの脆弱性がないとその時点で判明されれば、リリースしている。

 問題は、NVDがアプリケーション脆弱性を追跡し始めてから、7万4000件のオープンソースの脆弱性が記録されているにもかかわらず、これらのツールが判明できた脆弱性はわずか63件しかなかったという点だ。これらのツールには限界がある。

 脆弱性は増えており、2014年春に話題となったOpenSSLの脆弱性である「Heartbleed」は有名な例だが、今年に入って、GNU C標準ライブラリ「glibc」にも脆弱性があった。DNSに影響し、攻撃者はこれを悪用してシステムを乗っ取ることができる。

 これらの脆弱性が出てくると、企業の多くは何をすべきがわからない。どのアプリケーションが影響を受けるのか、どうやって見つけるのか、たくさんの時間を費やしてシステムを見ようとするが、大規模なアプリケーションがある場合は非常に難しく、非効率な作業になる。

 Black DuckのHubのようなすぐれた管理技術を利用することで、顧客は数分でわかり、対策をとることができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]