編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Windows 10 Anniversary Update」は8月2日にリリース--マイクロソフトが明らかに

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-30 07:55

UPDATE Microsoftは「Windows 10 Anniversary Update」を8月2日に一般リリースする予定だ。Windows 10が初めてリリースされてから丸1年と4日後のタイミングになる。

 Microsoftは、サポートするすべての端末(PC、タブレット、「Windows Phone」、「Surface Hub」、「Xbox One」、「Internet of Things」対応機器、「HoloLens」)を対象にWindows 10 Anniversary Updateを8月2日に提供することを目指していると、同社のWindows and Devices Group担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるTerry Myerson氏は述べた。

 Windows 10が稼働する端末は現時点で3億5000万台を超えており(5月初旬は3億台だった)、これらのユーザーがアップデートの対象となる。これらのユーザーはAnniversary Updateを無償で入手できる。Anniversary Updateのリテール版や、Anniversary Updateがプリロードされた新しい端末を購入することも可能だ。「Windows 7」と「Windows 8.X」のユーザーは、7月29日まで無償でWindows 10にアップデートできるが、アップデートしない場合は、Windows 10搭載の新しい端末か、Windows 10のリテール版を購入しなければ、Anniversary Updateを入手できない。

 筆者は先週、同アップデートについてMyerson氏と話す機会があった。同氏によると、Anniversary Updateには主な新機能が6つ搭載されているという。6つとは、エンタープライズセキュリティ機能の強化、「Edge」ブラウザの改良(拡張機能のサポートなど)、手書きのノートや付箋を作成できる「Windows Ink」、「Cortana」の強化、クロスデバイスゲームのサポートである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]