調査

データ損失の平均被害額は91万ドル--新たな脅威に対応できず - (page 2)

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-07-04 06:00

 自信のなさは、データセンターのセキュリティに関する回答にもにじみ出ており、回答者の73%は、採用しているセキュリティソリューションがフラッシュストレージに対応できるか自信がないと述べている。例えば、暗号化などのツールの処理速度が十分でなければ、フラッシュやSSDのストレージによる性能向上について行けず、システムのボトルネックになってしまう可能性がある。

 「多くの組織は主要なストレージ環境を更新しつつあるが、バックアップ環境にまでは十分な注意を払っていない」とEMCの広報担当者は述べている。「その結果、フラッシュ環境の導入に伴うデータ量の増加や複雑なデータパスが原因で、データのバックアップができなくなり、ダウンタイムが発生した際のデータ復旧が難しくなる場合がある」

3つの要点

  • 企業は従来型のデータ喪失の脅威には対応しつつあるが、新しい問題が増えていることによって1件あたりの被害額が100万ドル近くになっており、この数字は大きくなる傾向にある。
  • 企業の80%以上は、パブリッククラウド上のアプリケーションを利用する予定だと述べているが、クラウドデータの保護を行っている回答者は全体の半分以下に過ぎない。
  • セキュリティはデータセンターの性能にも影響を及ぼしており、回答者の73%は、使用しているツールがフラッシュストレージの導入による高速化に対応できるか自信を持てずにいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]