編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」
日本株展望

日本株はブレグジット離れ--再び日米金融政策に注目 - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2016-07-04 11:54

日本株の戻りが鈍いのは、円高圧力が消えていないため

 世界の金融市場がブレグジット・ショックから立ち直っても、日本株の戻りは鈍いままだ。円高圧力が消えていないからだ。6月の大幅な円高には、3つの理由がある。米利上げなし、日銀の追加緩和なし、ブレグジット可決の3つだ。

 ブレグジット可決ショックから立ち直ってきても、日米金融政策の現状は変わっていない。6月に続いて7月も米利上げがなく、日銀追加緩和がないと、円高トライが続く可能性もある。

 そのことを考えるために、まず、6月のドル円為替レートの動きを振り返ってみよう。

ドル円為替レートの動き:2016年5月30日~7月1日

(注:楽天証券経済研究所が作成)
(注:楽天証券経済研究所が作成)

 グラフ内の(1)~(5)の動きを説明しよう。

  1. 米雇用統計ショック(5月の米雇用統計が弱かった):6月の米利上げなしを織り込む
  2. 日銀ゼロ回答ショック:日銀が追加緩和を見送る
  3. 残留派の女性議員が殺害されたことを受け、ブレグジット否決の期待が広がる
  4. ブラックフライデー(ブレグジット可決ショック)
  5. ブレグジット可決ショックから徐々に立ち直り

 6月のドル円為替はブレグジット・ショックという波乱で円高が進んだ面もあるが、それがなくても、円高が進んだものと思われる。米利上げがなく、日銀の追加緩和がなければ、円高への圧力は払拭できない。

今週の最大の注目は、7月8日発表の米雇用統計

 7月8日に6月の米雇用統計が発表される。5月の雇用統計(非農業部門雇用者数)が弱く、ネガティブ・サプライズだったために、6月の利上げはなかった。6月の米雇用に改善が見られるかが注目される。

 さらに、7月26、27日のFOMC(米金融政策決定会合)および、7月28、29日の日銀金融政策決定会合への注目が高まっている。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]