マイクロソフト、無料のオンライン会議ツール「Skype Meetings」発表--米国のSMB向け

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-07-06 10:52

 Microsoftは米国時間7月5日、スタンダロンの無料サービスとして利用可能なオンライン会議ツール「Skype Meetings」を発表した。Skype Meetingsは「Office 365」スイートの「Skype for Business」にも含まれている。中小規模の企業(SMB)がSkype for Businessを試すよう促すものでもある。

 Skype Meetingsの無料版は、オンライン会議を導入したいがOffice 365を使っていない米国のSMBをターゲットとしたものだ。

TechRepublic Japan関連記事

 Skype Meetingsのツールは、最大10人までが参加してHD動画と音声で会議を行うことができるものだ(60日を経過すると、無料で利用できる最大人数が3人となる)。画面の共有、「PowerPoint」上でのコラボレーションなどの機能もあり、PC、Mac、タブレット、スマートフォンなどの端末から参加できる。

 このほか、クリックして会議に参加できるパーソナライズURL、オーディエンスミュート機能など、主催者が制御できる機能もある。

 Skype for Businessが含まれているOffice 365の企業向けサブスクリプションに登録しているユーザーは、さらに豊富な機能を利用できる。最大250人参加可能なHD動画/音声の会議、「Outlook」「Delve」といったOffice 365のウェブおよびクライアントアプリとの統合などが可能だ。

 仕事用の電子メールアドレスを持っており、Office 365を利用していない米国の組織のユーザーは、www.skype.com/meetingsよりSkype Meetingsにサインアップできる。

 Microsoftはフリーミアム戦略を拡大しており、Skype Meetingsの無料版提供もこの一環といえるだろう。

Skype Meetings

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]