マイクロソフト、無料のオンライン会議ツール「Skype Meetings」発表--米国のSMB向け

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-07-06 10:52

 Microsoftは米国時間7月5日、スタンダロンの無料サービスとして利用可能なオンライン会議ツール「Skype Meetings」を発表した。Skype Meetingsは「Office 365」スイートの「Skype for Business」にも含まれている。中小規模の企業(SMB)がSkype for Businessを試すよう促すものでもある。

 Skype Meetingsの無料版は、オンライン会議を導入したいがOffice 365を使っていない米国のSMBをターゲットとしたものだ。

TechRepublic Japan関連記事

 Skype Meetingsのツールは、最大10人までが参加してHD動画と音声で会議を行うことができるものだ(60日を経過すると、無料で利用できる最大人数が3人となる)。画面の共有、「PowerPoint」上でのコラボレーションなどの機能もあり、PC、Mac、タブレット、スマートフォンなどの端末から参加できる。

 このほか、クリックして会議に参加できるパーソナライズURL、オーディエンスミュート機能など、主催者が制御できる機能もある。

 Skype for Businessが含まれているOffice 365の企業向けサブスクリプションに登録しているユーザーは、さらに豊富な機能を利用できる。最大250人参加可能なHD動画/音声の会議、「Outlook」「Delve」といったOffice 365のウェブおよびクライアントアプリとの統合などが可能だ。

 仕事用の電子メールアドレスを持っており、Office 365を利用していない米国の組織のユーザーは、www.skype.com/meetingsよりSkype Meetingsにサインアップできる。

 Microsoftはフリーミアム戦略を拡大しており、Skype Meetingsの無料版提供もこの一環といえるだろう。

Skype Meetings

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]