編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ミャンマー郵便の送金サービス業務電子化を支援--JPメディアダイレクトと日立

NO BUDGET

2016-07-07 07:30

 JPメディアダイレクトと日立製作所は7月5日、ミャンマー連邦共和国のミャンマー郵便(Myanmar Post)が運営する送金サービス業務を電子化するための支援を、日本郵便の全面協力のもと共同で開始すると発表した。

 ミャンマー全国の郵便局のうち約150局を対象として、これまで手作業で実施してきた業務を電子化する情報システムの導入を支援し、ミャンマー郵便局員による業務の効率性と正確性の向上を目指す。

 ミャンマーでは、銀行口座を保有していない国民が多く、給与や公共料金など日常的な支払いの決済手段として、郵便局にて現金の授受を行う送金サービスが広く普及している。しかし、従来の送金サービスでは、領収証や引渡書といった帳票の作成・発行など、郵便局員が行う業務の大部分が手作業で行われていたため、システムによる業務の効率向上が求められていた。

 こうした中、2015年5月に日本の総務省とミャンマーの通信・情報技術省(現:運輸・通信省)の間で「郵便分野における協力に関する覚書」が締結され、その一環として、ミャンマーにおける効率的で確実な送金手段の検討が行われてきた。

 今回の支援は、JPメディアダイレクトが6月13日に日本の総務省から受託した「ミャンマー連邦共和国の郵便事業体における高度な郵便送金業務の全国展開可能性に関する調査研究の請負」の一環として実施されるもの。JPメディアダイレクトと日立は、2015年にミャンマー郵便が郵便局18局を対象として送金サービスの電子化システムを試験導入した際の支援実績と、システムの試験運用結果を踏まえ、システムの改修および利用対象となる郵便局数の拡大を支援する。

 同システムでは、現金の引渡書などの帳票をシステム上で作成・発行し、利用者が記入した送金申請書の記載内容もシステムに入力することで、取引実績の集計作業を自動化するほか、各郵便局のシステムをネットワークで接続し、コンピュータ経由で帳票の送受信を行う。

 これらにより、郵便局員の手作業による業務量の削減や取引実績の記録を支援することで、効率的かつ正確な送金サービスの実現を目指す。同システムの導入時期は2016年後半を予定しており、導入後の運用はミャンマー郵便が行う。

 両社では今後、JPメディアダイレクトによるミャンマー郵便への郵便業務改善に関する支援の実績と、日立が郵便関連業務システム分野において長年にわたり培ってきた技術やノウハウを組み合わせ、ミャンマー郵便における業務のさらなる高度化と事業の発展に貢献していくとしている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]